鎌倉の高齢者の観光 あじさいはバスツアーや人力車もおすすめ

鎌倉のあじさいで高齢者におすすめ

鎌倉はお寺がメインの観光になることが多いですが、坂や階段を歩くことがどうしても多くなります。

高齢者を連れての観光だと、どうしても足腰や体力に不安があるから心配になってしまいますよね。

特に6月のあじさいシーズンは人ごみがすごいので自分のペースでは歩けないこともあるでしょう。

でも工夫すれば問題なく鎌倉のあじさいを堪能することができますよ^^

今日はあじさいはキレイに見えるけど階段が少ないお寺や、ツアーや人力車について紹介しますね。

スポンサードリンク

鎌倉は高齢者でも観光を無理なくできる?

鎌倉は寺社仏閣が多いので坂道や階段が多く、足腰の弱い高齢者が観光するのはかなり疲れるかもしれません。でもコースをあらかじめ考えて、階段が少なかったり手すりのあるところなどを選べば比較的無理なくまわることができるでしょう。

通常の観光なら平坦な道の多い大仏を中心にコースを考えるのですが、あじさいの時期なら北鎌倉がおすすめです。

鎌倉のあじさいで有名なのは明月院、成就院、長谷寺ですがこの中なら明月院が一番良いですね。成就院は参道の長い石段があるし(そもそも2015~2017は工事と植え替えで見ることができないのです)、長谷寺は奥に行けばいくほど階段がつらくなりますからね。

明月院は高齢者におすすめ

明月院は階段を登らなくても散策ができますし、ゆるやかな斜面ですので歩行ができるなら問題なく楽しむことができますが手すりなどはありません。

明月院は入ってすぐの木製の階段沿いのあじさいが見事なんですが、他の場所もキレイに咲いています。足腰や体力の具合で階段のあじさいを見るかどうかを決めるのがいいかと思います。少しでも階段を避けたいという場合は明月院の入口入ってすぐ右の平坦な道を進めばOKです。

ただ注意しなければいけないのは、明月院には全国各地からあじさいを見に来ますので6月のあじさいシーズンはどうしても混雑が避けられないということです。

どれくらい混雑するかというと土日の待ち時間が最大3時間にもなるんだとか。

待ち時間を減らす方法としては平日の朝一番に行くと比較的ゆっくりあじさいを見れます。遅くても10時前には着いておきたいですね。

6月は8時半から見れるので8時くらいには北鎌倉駅に着きたいですね。北鎌倉駅から歩くと徒歩10分ほどの距離ですが、明月院前の道にもあじさいが咲いてるので楽しめながら行けますよ^^

あとはトイレは入口付近にはありますが上にはないので、先に行っておいた方がいいかもしれませんね。

北鎌倉の東慶寺のあじさいもおすすめ

他の場所でもあじさいを見たいというなら北鎌倉駅近くの東慶寺がおすすめです。

こちらも鎌倉の寺社仏閣にしては比較的階段が少なく四季の花が楽しめる場所です。

東慶寺はイワガラミも有名で一年の間で2週間ほど特別公開されます。2016年の特別公開の時期はまだ発表されてませんが、2015年の特別公開が6月1日~14日まででした。

北鎌倉のあじさい巡りで休憩できる場所

休憩なら近くの飲食店を探すかと思います。

コマメに休みたいですもんね。

午前中から営業している飲食店のマップを作ったので参考にされてください。

マーカーをクリックすると詳細情報がわかります。

もし行く場合は電話などで確認してからがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

鎌倉のあじさいならツアーもおすすめ

ルートを決めて電車に乗り換えてというのが苦手ならおすすめはバスツアーです。

鎌倉のあじさいは有名ですし、とても人気なので様々なツアーが組まれています。

バスで行くツアーや貸し切りタクシーのツアーなどあなたの好みに合ったものが見つかるといいですね。

鎌倉の人力車がおすすめな理由

寺社仏閣を巡るとなるとその行き来だけでも結構な距離を歩くことになります。

しかも6月の繁忙期は人の混雑がすごいです。

混雑の中を歩くような体力に自信がない、足腰に不安があるという場合は人力車も選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

車では入れないような小路を通ったり、写真も遠慮なく撮ってもらえます。

運んでもらえるだけではなく、ガイドもしてくれるので地元ならではの鎌倉にまつわるいろんな話が聞けるのもポイントです。

雨が降っても雨対策をしてくれるので濡れることがありません。

京都はもちろん鎌倉でも有名な人力車「えびす屋」さんがあります。
モデルコースは用意されているんですが、行きたい場所の相談にのってくれますよ^^

ただ繁忙期は営業時間は延長するらしいですが早朝が希望の場合は何時から営業してくれるか聞いてみてくださいね。

予約は二日前までなので電話して相談してください。

人力車 えびす屋
電 話 :0467-61-3344
営業時間:9:30~日没(シーズンにより変動があります)

ちなみに利用しなくても道案内やトイレの場所は教えてくれるんで親切で素敵だなと思ってます^^

まとめ

高齢者で足腰に不安があってもあきらめる必要はないと思います。

自分で行く場合は朝一番で明月院、そのあとに東慶寺をまわるコースがおすすめです。

自分の足で行くパターンの他にも、ツアーで行くパターン、人力車で行くパターン、とさまざまですね。

紫陽花を楽しんできてくださいね!

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す