母の日のプレゼントのお花を遠方に贈るときの注意点を確認しよう

遠方の母に贈るお花

なかなか会えない遠方に住むお母さん。

日ごろ何もできないけどせめて母の日にお花ぐらいは贈りたいと思いませんか?

遠方なので宅配を利用して送ることになるでしょう。

ですが遠方に母の日のお花を贈るときの注意点をあなたは知っていますか?

ここではどのように選ぶのが良いかを紹介します。

スポンサードリンク

母の日の生花のギフトには注意!

母の日の生花のギフトはおススメしません。なぜかというと母の日はお花の注文がとても多いため臨時のアルバイトやパートが花束など作ることもあるからです。

彼らはお花のプロでないので、上手に水を保たせることが難しく、特に遠方のお母さんのもとに到着する頃にはしおれていたり枯れていたりすることもめずらしくありません。

ただでさえ母の日の時期は宅配も遅れがちになりますからね。

せっかくの感謝の気持ちなのにこれではがっかりしてしまいますよね。

それでは何を贈ったらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

生花よりもおススメの母の日のお花は?

母の日に贈るお花で生花よりもおススメなのは鉢植えもしくはプリザーブドフラワーです。

どちらも届くころに枯れているということはありません。育てるのが好きなお母さんなら鉢植えのお花を、インテリア雑貨などが好きなお母さんならプリザーブドフラワーがおススメです。

ですが鉢植えも品質が良くないものもあります。特に母の日のギリギリに頼むと危険が増します。

良いものはどんどんなくなっていきますからね…。鉢植えにするなら売り切れ御免のお店を頼むのが安心かと思います。

プリザーブドフラワーはネットでも画像通りのことが多いですが口コミなどを確認してから買うようにしましょう。

どちらもサービスでメッセージカードなど添えたりできることが多いので利用しましょう。

プリザーブドフラワーならガラスの器などにメッセージや名前を入れてくれるものなどもあり、デザインが豊富でおしゃれですよね。

まとめ

母の日にお花を贈るなら鉢植えもしくはプリザーブドフラワーを!ギリギリの発注はできるだけやめましょう。

どうしても生花の花束やアレンジメントを贈りたいという場合は母の日よりも前に到着するようにしましょう。お花屋さんに余裕があればキレイなお花が届くはずです。

スポンサードリンク

おすすめ記事