かき氷を自宅でもふわふわに!シロップのレシピと台湾かき氷の作り方

自宅でかき氷をふわふわに

自分でかき氷を作るとなると中々ふわふわになりにくいですよね。
削った所から溶け始めて一人分削り終わる頃にはシャバシャバなかき氷になってることも…。

もちろん専門店で食べるのが一番かもしれませんが、家でも美味しく満足できるかき氷を作ることはできます。

夏に大活躍、大人気のかき氷、ぜひ自宅で作ってみてくださいね。

ふわふわな氷を自宅で作る方法、家でできるかき氷シロップ、台湾かき氷の雪花氷を家で作る方法を紹介します。

スポンサードリンク

かき氷を自宅でもふわふわに作る方法

自宅でかき氷をふわふわに
かき氷を美味しく作るためにはやはり氷がポイントです。

自動製氷機の氷を使うのではなく、カキ氷用に氷を作りましょう。

大きなポイントを3つにまとめてみました。

原料の水をこだわる

水道水よりもミネラルウォーターや天然水で作るとふわふわになりやすいです。
(ミネラルウォーターや天然水がない場合は水道水を沸騰させて冷ましたものを使いましょう。)注意点は水道水の氷とは違って保存が長くできないことです。氷も水と同じで傷むものなので早めに使ってくださいね。

溶けにくい氷を作る

お水だけで作らない

お水200mlに砂糖を大さじ3混ぜたもので氷を作ります。
氷が溶けにくくなるので家庭用かき氷器でもシャバシャバになりにくいんです。

ゆっくり凍らせる

結晶の大きな氷を作ると溶けにくくなるのでゆっくり凍らせましょう。かき氷専門店などで使われる氷はマイナス9℃でゆっくりと凍らせているものです。それに対して家庭用の製氷機はマイナス20℃あるので急速に凍ってしまします。

冷凍室の温度調節を「弱」にすると比較的ゆっくりになるのですが、真夏の場合は冷凍庫に入ってる他の食材の傷みが早くなることがあるのであまりおすすめしません。かき氷用の製氷皿をダンボールで覆ったりタオルで巻いたりするとゆっくり冷えますので試して下さいね。

氷を使う時

霜が取れるのを待つ

凍らせて表面が白くなっているような氷はガリガリなので、すぐに使わずしばらく常温に置いて霜が取れるのを待ちましょう。10~15分くらいを目安にするといいですよ。

かき氷器の設定

かき氷器の削り方を設定できるなら細かく削れる方を選びましょう。

器を冷やしておく

かき氷を入れる器が常温だと削った氷がすぐ溶けてしまうのでできれば冷やしておきましょう。

かき氷のシロップレシピ 簡単で美味しい

最も簡単なのはジュースやドリンクをそのままかけることです。人気なのはカルピスの原液、コーラ、サイダー、コーヒーなどでしょうか。

他にはフルーツジャムやコンポートも美味しいですよね。

でも王道のシロップもはずせないですよね。

ここでは家で簡単に作れる練乳、抹茶、みぞれのレシピを紹介します。

かき氷に練乳 作り方はとっても簡単

わたしのイチオシは王道の練乳です。

買うと高いですが家でもレンジだけで簡単に作れるのでおすすめですよ^^

練乳の作り方
  • 牛乳 100ml
  • 砂糖  50g

材料は二つだけです。

レンジで作る場合は吹きこぼれやすいので大きめの耐熱皿で作るのがおすすめです。

家庭用レンジ(500~600w)で3分加熱して、取り出して混ぜてからさらに3分加熱してください。2倍量で作る場合はまた混ぜてさらに3分ほど過熱してください。
目安は最初に比べて大体半分くらいの量になることです。
あとは冷やすととろみがでて完成です。

鍋で煮詰めてもOKですが焦げないように弱火で時々混ぜて量が半分くらいまでに煮詰めたら冷やすだけです。

思い立ったときに少量の練乳が作れるのはいいですよね^^

スポンサードリンク

かき氷 抹茶のレシピは大人の味

大人のおすすめは抹茶シロップです。
家で作ると自分の好みの濃さに調節できるのが良い所ですね。

抹茶シロップの作り方
  • 抹茶 小さじ2
  • 砂糖 大さじ3
  • 熱湯 大さじ2

抹茶を熱湯で溶かして砂糖を加えて丁寧に混ぜます。あとは冷蔵庫で冷やすだけです。大人の味にしたかったのでドロッと濃い目です。カキ氷用なので濃い目ですが濃すぎる場合は熱湯を大さじ0.5足してください。

かき氷はみぞれのレシピがシンプル

シンプルなかき氷が好きならみぞれシロップはどうでしょうか?
あっさりさっぱりな気分の時におすすめです。

みぞれシロップの作り方
  • 砂糖 50g
  • 水  35g

二つの材料を一緒に煮て砂糖を溶かすだけです。レンジで作ってもOKです。冷ましてから使ってくださいね。

シンプルな味のかき氷が食べたいときにおすすめです。ガムシロップとしても使えるので便利ですよ^^

台湾かき氷の作り方 雪花氷のレシピ

さっぱりとしたかき氷も美味しいですが、ミルクベースのかき氷の雪花氷(しぇーほぁ ぴん)も美味しいですよね。

水だけで作った氷に比べて柔らかいというか、ふわふわになります。

 雪花氷(しぇーほぁ ぴん)の作り方
  • 牛乳 200ml
  • 練乳 大さじ3
    (練乳がなければ砂糖大さじ2)

牛乳を温めて練乳を溶かします。(沸騰させないように)
冷めたらカキ氷用の製氷皿で冷凍します。

水だけで作った氷に比べて取り出すのが難しいので、製氷皿をさかさまにして水をかけると取り出しやすいです。ただ溶けやすいのであらかじめかき氷器や器などを用意しておいた方がいいですね。

あとは普通のかき氷のように作るだけです。

牛乳だけではなくコーヒーを混ぜたものを作るとカフェオレかき氷ができます^^

まとめ

いかがでしたか?

わたしのおすすめは抹茶シロップ+練乳!雪花氷(しぇーほぁ ぴん)にフルーツジャムも美味しいです。本当はマンゴーかき氷がかなり好きなんですが大好きなフィリピンマンゴーが手に入りづらくなってしまって^^;たまに冷凍のマンゴーを買うんですけどね~。

感想としては普通の氷より牛乳が入っている氷の方がふわふわなかき氷になります。

あなたも好きなトッピングのかき氷をぜひ自宅で試してくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す