初節句の男の子のお祝いって何するの?料理メニューは決まってる?

こどもの日の料理メニュー

初節句おめでとうございます。

一体何をすればいいのか悩むかもしれません。

この一年間は様々な行事が目白押しですし、すべてが初めてのことなのでママは大変ですよね。

でも可愛い我が子のため頑張っちゃうんですよね^^

あなたの息子ちゃんの初節句も楽しい思い出になるように情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

初節句の男の子のお祝いって何するの?

初節句とは、こどもが健康に育つように願うお祝いというのはわかるのですが、具体的には当日どんなことをするものなのでしょうか?

一般的なお祝いの仕方としては、身内を招待し息子ちゃんが健康に育つように願うものです。

特に決まった様式はないようです。

ただ地域によって違うので、ご両親などに確認をするのが望ましいですね。

祖父母からいただいたお祝いの品物があるなら(兜や鯉のぼりなどの五月飾り)お披露目しつつ、みんなで食事会などが多いようです。

もちろんそれぞれの家庭の事情に合わせて食事会は外でしたり、親子だけでお祝いしたりと様々のようですね。

それではどんな料理を食べるのが良いのでしょうか?昔からある行事だし特別なメニューがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

男の子の初節句の料理メニューはどうすればいいの?

女の子の初節句のひな祭りには定番メニューのちらし寿司や蛤の潮汁、ひなあられ、ひしもち、甘酒などがありますよね。

それに対して男の子の初節句は地域や家庭によってかなり違うみたいです。

共通するのは東日本なら柏餅、西日本ならちまきくらいでしょうか。

他は縁起物を用意するようです。

一般的なものを紹介します。

  • お刺身・お寿司
  • 魚の塩焼き(鯛やカツオ、ブリなど)
  • 赤飯
  • タケノコ
  • 海老
  • れんこん
  • ウナギ

なんだかおせち料理のようですよね。

なますを作るという人もいますし、焼肉を食べる家庭もあります。

主役になる子供さんは初節句を迎えた時の月齢の差が激しいので食べれるものにも差がありますし、どちらにしてもあまり量は食べれないです。

自然に大人が食べるものを用意することが多いようですね。

ママはとにかく時間がないものです。

柏餅やちまきは準備して、あとはケータリングや宅配という手もあります。特に食事会の人数が多いのなら注文したほうがいいのかもしれませんね^^

まとめ

男の子の初節句はあまり気負わずに柔軟に考えてもいいと思います。

ただ、こだわるお家ももちろんあるのであなたがもし遠方から嫁いでるなら、こどもの祖父母たちに聞くのが一番いい方法ですよ^^

スポンサードリンク

おすすめ記事