紫外線対策は室内でも?日焼け止めは必要?部屋の中ならカーテンも

室内での紫外線対策

家で仕事をするなら通勤もないし、外出ってほとんどしないけど紫外線対策ってどれくらいしたらいいのか悩みますよね。

紫外線対策は室内ではどうすればいいのか、日焼け止めは必要なのか、カーテンや窓のUVカットなどについて紹介します。

スポンサードリンク

紫外線対策は室内ではどうしてる?

室内での紫外線対策
家の中で仕事をする人なら外出することも少ないし、それほどの紫外線対策はしなくても大丈夫と思いますよね。

でも本当に大丈夫ですか?

何もしないというのはやはり紫外線の影響を受けることになります。

UV-Aは通常の窓ガラスや薄いカーテンを通り抜けて部屋の中にも入り込むんです。

外出時などで直射日光が直接当たる紫外線の量を100%としたとき、窓際の日の当たる場所で約80%、日の当たらない室内だとしても紫外線は反射しているので約10%が入り込んでいます。

太陽は一日中同じ角度ではないのですが、部屋の中でも場所によっては外出時と同じように紫外線を受けてしまう場合もあります。つまり室内での紫外線の対策はした方が良いということですね。

対策としては外出時と同じように

  • 日焼け止めを塗る
  • 肌を露出しない
  • 紫外線カットのメガネをかける

などがありますが
室内なら

  • 紫外線カットのカーテンをつける
  • 窓にUVカットフィルムを貼る

という対策もできます。

室内でも日焼け止めって必要なの?

紫外線対策に本当にこだわるなら室内でも日焼け止めは必要です。
ですが外出時に比べてやはり紫外線量は少ないですよね。

日焼け止めのSPFやPAの値が高いものは肌への負担が大きいし、その負担によってシミなどができることもあるので、できるだけ低いもので石鹸で落ちるような肌に優しいものを選びましょう。

肌が弱くて日焼け止めは無理には塗りたくないなら酸化しにくいオイルを使用するのがいいかもしれません。オイルによりますがSPF5~15くらいの効果があるので室内で日光を浴びない場所なら十分でしょう。

おすすめのオイルとしてはホホバオイル、アルガンオイル、ココナッツオイルなどでピュア100%のものを使いましょう。不純物が混ざっていると酸化することがあるので注意してくださいね。

私はスキンケアとしても室内の日焼け止めとしてもSPF5 PA+の椿油を使っています。ただ椿油は紫外線防止が主な役目ではないので、石鹸で落ちる日焼け止めクリーム(SPF15 PA++)も場合によって併用しています。

スポンサードリンク

部屋の中の紫外線カットにカーテン?フィルム?

日焼け止めはできる限りは塗りたくはないので、簡単にできる紫外線カットの方法としてカーテンやフィルムがおすすめです。

もちろん通常のカーテンでは紫外線は通り抜けてしまうのでUVカットカーテンを使いましょう。レースカーテンではあまり効果がないという意見もありますがないよりはましです。私は1級遮光カーテンを使用しているのでかなり日光は遮断できますがカーテンと窓の隙間から微妙に光が入ってきたりはします(笑)

窓ガラス専用のUVカットクリームを塗ったりUVカットフィルムを貼った方が万全だとは思いますが、ちょっと手間がかかるのと効き目の期限が長くないのがデメリットかも。

ちなみに室内用で商品を探すとちょっと値段が張るのでカー用品で代用できるならそちらの方がいいでしょう。

すぐにはカーテンやフィルムも買えないけどどうにかしたい、という場合は布用のUVカットスプレーを今あるカーテンに使うだけでも効果はありますよ^^

→布や衣類にも使えるUVカットスプレーをチェックしてみる

まとめ

参考になりましたか?

ほかの注意点としては日傘・衣類などのUVカット効果は布の上に薬剤でUVカットをしているので、もって1年くらいだそうです。

カーテンや日焼け止めなど組み合わせで紫外線カットをすると効果があがりますので、あなたにあったものを試してくださいね^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す