インフルエンザの予防方法 食事や湿度、アルコールの使い方

インフルエンザ予防法

インフルエンザの季節・・・嫌ですね~

決まって年末ころから流行りだし、受験シーズンにはピークになってしまいますよね。

感染しない為に予防接種をしたりマスクをしたりと、インフルエンザ対策をしているはずなのに感染したりしてませんか?

家族の健康を預かる主婦として知っておいた方がいいインフルエンザの予防。

今日は予防接種以外でのインフルエンザ予防策をまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さいね。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防方法 食事メニューはどうする?

インフルエンザ予防法
さてさて、インフルエンザに限らず感染症予防に効果的なのはやはり日ごろから体を健康に保つ、免疫力を強くする!これにつきます。

では体を健康に保つ、免疫力を強くする、そのための食事についてお話ししますね。

免疫力を高めてくれる食物は、何と言ってもネバネバ食材です。

免疫力アップ=粘りのある食材、って言ってもいいですね。

納豆、山芋、オクラなどなど、モロヘイヤもおすすめです。

さらにネバネバ+タンパク質で効果抜群なんです。

特に肉、魚、大豆製品などと一緒に食べるのが良いですね。

タンパク質は免疫の働きを維持し、免疫力を高めるのに大きな役割を果たしてくれるんです。

山芋やオクラを豚肉で巻いて焼いたり、千切り山芋にひきわり納豆をかけて刻み海苔をのせて、わさび醤油で頂くとおつまみにもなって最高ですよ。

他に私が毎年行っている予防策は、「ヨーグルト」です。

2.3年前から流行ったあの赤いパッケージの「R1ヨーグルト」。どこかの県で学校給食などで試したら、その冬のインフルエンザ患者が激減したと言うことでも有名になりましたよね~。

インフルエンザの季節になると、「お一人様一つまで」なんて表示までされているくらい人気の商品です。

私も早速購入しておまけにヨーグルトメーカーも購入!1パックからどんだけつくったんだろう?ってくらい、冷凍庫に保存した物をまた培養して増やしてって感じです。

実際に乳酸菌がしっかり増えているかは目に見えないので何とも言えないんですが、頑張って作って食べていた時はインフルエンザには感染しませんでした。

私たちの体を守ってくれている免疫力のカギは、腸なんです。腸内には体を防御する機能が働くので、特に、自然治癒力を高めるためのナチュラルキラー細胞は大きな病気までもも改善すると言われてますよね。

風邪やウイルスから体を守るためには、この免疫細胞を活性化させる必要があるのですが、ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌に、免疫細胞を活性化させる作用があるのでインフルエンザ予防以外でも積極的に食べるといいですよね。

インフルエンザの予防法 湿度ってどれくらい?

インフルエンザが秋冬に流行する理由は寒さだけでなく、むしろ、空気の乾燥にあるんですよね。

インフルエンザウィルスは湿度に弱いと言われているので室内を加湿器などで50~60%に保ってください。そうすることでウィルスの繁殖を防いでくれます。

加湿器がない場合はぬれたタオルを部屋の中に干しておくだけで湿度があがります。

マスクをするというのも飛沫感染を防ぐという以外に、湿度を保ってくれるという理由もあるんです。喉の粘膜を乾燥から守ってあげることでウイルスがつくのを防いでくれる役目があるんですね。

常に喉や鼻を潤す環境が大事なんですね。つまり、うがいも有効な手段ということが言えますよね。

インフルエンザの予防法 アルコールの正しい使い方

次に手洗いですがより確実に行いたい場合は、手洗い後に速乾性のアルコール製剤を使用するのが良いです。

アルコールをしてから手洗いではなく、手洗いをした後にアルコールです。

手洗いが出来ない状況ではアルコールのみでもある程度の効果は出ます。

色んなアルコール消毒液がドラッグストアなどでも見かけますよね。携帯用もあるので石けんと水が使用できないときは、アルコール系の速乾性手指消毒剤を使うようにするといいですね。

最近は普通にスーパーや会社などの入り口やエレベーター前に設置されてますよね。人が多く行き交うところでは、ぜひ使用した方がいいです。

アルコールの濃度ですが、70%がもっとも効果的です。100%では、あっという間に蒸発してしまい、効果がありません。

ウイルスをやっつけるには、ある程度の時間接触を続ける必要なので、最低でも50%の表示を確認して下さいね。

そして消毒剤を手につけてすぐにウイルスが死滅するわけではないので、できれば15秒以上時間をかけ、手の皮膚にある程度刷り込むようにしてつけるようにしましょう。

ウイルス予防にはとっても効果的な分、人の皮膚の油分も取り除いてしまうので、手荒れには十分気をつけて下さいね。

最近は保湿剤が入っているものもありますが入っていないものも多いで、保湿剤も一緒に使って下さいね。

まとめ

インフルエンザなどの感染や風邪から身を守るのは、まず何より、良い睡眠とバランスの取れた食事が大切です。そして一日の疲れはしっかり取り体を温めて寝ることです。

でも中々忙しいあなたのような主婦は、家族の健康は守れても自分の事って意外に後回しになってしまいますよね。

でも、なぜか?私たち主婦って気が張っているせいか、あまり風邪などひかないものです。私だけかな?その代わり、安心したころにどっと疲れが出て、熱を出したり…

とにかく、日頃の身体のケアが大事なんです。

お互い家族のために、自分のために健康で過ごしましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す