西日の部屋の暑さ対策 暑い理由と賃貸の窓の日よけの方法とは?

西日の窓の暑さ対策

西日って冬場には暖かくてありがたいけど、夏場はいつまでも暑さがジリジリとお部屋にさして最悪ですよね~。

西側に黄色いお花を飾ると金運が良くなると聞いて、たまに飾りますが、あっという間に枯れてしまいます。かえって金運が下がりそうです・・・。

我が家は出窓になっているので、本や置物を置いてるのですが、すぐ色あせたり痛んだりしてしまいます。

あなたのお部屋が西向きとのことなので、西日の暑さ・・・お察しいたします。

今回は西日対策についてまとめてみましたので、ぜひ試してくださいね。

スポンサードリンク

西日の部屋が暑い理由

西日の窓の暑さ対策
さて、どうして西日って暑いのでしょうね。特に夕方の暑さは、昼間の暑さとは違う種類の何とも言えないツラさすらありますよね。

午前中から午後にかけて太陽で温められたお家のコンクリートが熱をためこみます。これはすぐに熱が冷めるものではないのでいわゆる暑さのピークの時間を過ぎても暑いままなんです。

さらにお部屋も暑くなっているところへ昼間十分に暖まった地面や空気の温度が入り、さらに午後もまだ元気な西の太陽の光がお部屋に入るからです。駄目押しってことですね。

午後2時位に暑さのピークを迎え、夕方にかけてしつこく西側から入り込む日差し。お買いものやお仕事から疲れて帰ってきてからの、西日・・・。

気持もうんざりして、さらに暑さを感じさせるのかもしれませんね。

窓を西日から対策する方法

では、どうすれば西日の暑さを軽減できるでしょうか。エアコンなどで涼しくすれば良いでしょうか?

その前に、できることはいくつもあります。

まず部屋の中をというよりは外側を何とかしましょう。外の熱で窓自体が熱くなっているので、お部屋の中で西日を遮ろうとしてもあまり意味がなくなってしまうからです。

スポンサードリンク

オーニングやすだれ、よしずはかなり日光を遮ってくれますよ。

取り付けに関して賃貸だと穴などが開けられないですが、つっかえ棒等で対応してみてはいかがでしょう?100円ショップや、DIYコーナーに行くと取り付けが簡単なものがありますし、あなたが住む賃貸の状況によって店員さんがちょうどよいものをおすすめしてくれます。

ただしマンションの高層階では風などの影響もあるので控えたほうが無難ですね。

他には遮熱フィルムを窓の外側に貼るのもかなり効果的です。製品によって価格も性能も違いますが、工事の必要なく自分でできるので簡単です。その上で遮光カーテンを取り付けると二重に防げるということですね。

熱くなってから閉めるのではなく、熱くなる前に閉めて下さいね。お部屋は暗くなってしまいますが、かなり熱を遮断してくれますよ。

グリーンカーテンも効果的ですね。ただこれはベランダの状況次第ではできないことも。我が家は数年前から夏場は、キュウリやゴーヤ、朝顔などを植えています。収穫も楽しみですし、見た目も涼しいのでお勧めです。

そしてベランダがあるなら打ち水をするのも効果的です。真昼間にするとむわっとすることがあるので、太陽が沈みかけてから打ち水するのがおすすめです。これは一番簡単にできる方法なので試してみてくださいね。

まとめ

参考になりましたか?
西日で暑いのはその時点で建物や窓が熱くなっているのに、まだ太陽が射すからです。

できるだけ熱をためこまないように外側から対策をするのが一番有効なようですね。

ただ、この西日も夏ならではのもの。季節変われば、そんなに嫌わなくてもいいですよね。肌寒い季節の西日はポカポカとお部屋を暖めてくれますよね。

うまく西日と付き合って、快適に過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す