七五三のママの服装 着る色は?アクセサリーはどうする?

七五三の母親の服装

お子様の健やかな成長を願う日本ならではの行事「七五三」。

子どもたちの装いにばかり気を取られて自分の服は後回しになりがちです。

ドレスコードがなくなりつつある今は多様化していて、逆に何を選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

ではどんな服装がベストなのでしょうか?

スポンサードリンク

七五三のママの服装 多いのはスーツ?ワンピース?着物?

七五三の母親の服装
「七五三」という節目の行事から考えてママの装いとして考えられるのは「フォーマル」です。

お祝い事であることや神社に参拝するということを考えるとやはりマナーとしてきちんとした服装がベストです。そうすると和装にするか洋装にするかが悩むところですね。

七五三のスーツやワンピースの選び方

実際には洋装を選ばれる方が圧倒的に多いですね。やはり手軽さが魅力なのでしょうか。

スーツやワンピースなどは現在持っているものを着ようと考えておられる方も多いでしょうし、小さな子どもさんがおられる訳ですから自分の準備にはあまり時間はかけられないという現実もあります。

スーツにするかワンピースにするかは自分の好みで決めて大丈夫です。

ですが旦那さんと服装の格がずれないようにしましょう。

ひとりがフォーマルなのにひとりがカジュアルというのはちぐはぐになってしまいます。

旦那さんの服装も一緒に決めましょう。

七五三だけでなく入学式でも着れるものを選ぶなら

新しく購入される方はこれからの子どもさんの卒園、入園などの行事などにも着られるものを選ぶといいかもしれません。

行事などで着回しをするつもりでいるなら、気を付けてほしいのはきちんとしたフォーマルを買うということです。なんとなく着回せるようなカジュアルなものではなくこれを着ていれば大丈夫というスーツなどです。

行事でカジュアルなスタイルにするわけにはいかないからですね。

おすすめはシャンタン素材やレース素材のもの。結婚式などにもOKで上品に着こなせます。あとはツィード素材です。学校行事などで活躍するコンサバ系ファッションにぴったりです。洋服を購入される場合は参考にしてみてくださいね。

ママの服装は自分の生活スタイルや好みなどあると思うのでコレと決めつけずに当日無理のないもので用意しておきましょう。

七五三の母親の和装の選び方

七五三はフォーマルな席ですので着物の種類は「色無地」「訪問着」「付け下げ」などが良いでしょう。特に着物は格のルールがあるので七五三の場に適したものを選ばなくてはいけません。

レンタルならお店の方がチョイスしてもらえるので大丈夫ですが、自分所有のものは見極める必要があります。

決して主役の子どもさんより派手にならないものがよいとされていますが、やはりお祝い事ですのである程度の華やかさのあるものを選びたいですね。

それと普段、着慣れていないので着物を着付ける段取りをしておかれることをおすすめします。それでなくても子どもさんの準備でてんやわんやになりますのでママの準備の時間はできるだけ短くしましょう。着付けなどはやっぱり美容院がよいと思います。

手間のように感じる着物ですがママが着物を着るということは子どもにとってはすごく記念になることです。大きくなって写真を見たとき綺麗なママの着物姿をみて嬉しく思うでしょうし、子どもたちを和服でお祝いできたなんて自分自身の思い出にもなりますよね。

 

スポンサードリンク

七五三 ママの服装で着る色は何色がいい?

いくら子どもより目立たない方がいいということでもブラックフォーマルだと少し暗いイメージですよね?

お祝いということなのでスーツやワンピースなら明るめのパステルカラーかベージュ、グレーがおすすめです。できればある程度の華やかさは欲しいところですね。

もちろん子どもさんの服の色とコーディネートされる方もおられるでしょう。子どもさんの服装が明るめなら黒や紺もありです。

黒や紺の色を選んで地味になってしまうようなら、ネックレスや小ぶりのコサージュなどの小物をつかって華やかなイメージを演出しましょう。インナーをレースなどにしても雰囲気が変わりますよね。

着物の場合は、色が子どもさんと被らない方がよいとされていますが、そんなことはありません。

同じピンクでも淡い、濃いなどがあるでしょうからまったく同じ色にならない限り大丈夫です。ママも好きな色を選んでくださいね。

綺麗な華やかなものを選んでお祝いムードを盛り上げましょう。

 

七五三 ママのアクセサリーはどうする?

上品に決めるのなら断然パールですよね。

フォーマルなイメージですし冠婚葬祭すべてに使える便利なものです。もちろんパールじゃないとダメなどという決まりはないので、自分の服装のデザインにあったアクセサリーを選んでも大丈夫です。

ただし子どもさんがメインのなのであまり派手なものは必要ありません。あくまでも上品なものにされたらよいのではないでしょうか。

デザインや色がやや落ち着いたものならコサージュやスカーフなどを使われてもいいかもしれませんね。

あまり奇抜なアクセサリーは逆効果で、その場にふさわしくない可能性が高いのでやめておいた方がいいですね。

 

まとめ

七五三の行事は小さい子どもさんを連れて自分の準備もしなくてはいけないので慌ただしいことが予想されますよね。

ですがしばらく華やかな服装から遠ざかっているママたちです。この際思い切ってオシャレしちゃいましょう^^

実は、筆者は子どもの着付けの時間にどさくさに紛れて自分のメイクをお願いしました。子育てに疲れ、女を忘れかけてた自分へのご褒美です。

とても新鮮で嬉しかったのを覚えています。子どもさんのお祝いをきっかけに、ママもとっても綺麗になって楽しい思い出にしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す