おにぎりダイエットのルールと正しいやり方 おかずは食べていい?

おにぎりダイエット

他のダイエットの方法に比べてお金がかからず、空腹感も感じない

つんく♂さんが実践しブログで食事内容をアップしていましたし、EXILEメンバーは夜はお酒の席があるので朝昼だけ実践しているんだとか。

自分の体重の5%を減らすのを目標にするこのおにぎりダイエットはどのようなものか、ルールや食べてはいけないものなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

おにぎりダイエットとは?

おにぎりダイエットとは毎日1合~3合のおにぎりを食べるというもので空腹感を感じないので成功しやすいダイエットといえます。

お米は炭水化物ですし「太ってしまうのでは?」と疑問に思うかもしれません。

もちろんお米以外の炭水化物は厳禁なんですが、これは炭水化物をカットしてやせる糖質制限ダイエットとは違い、太りやすいとされるおかずやおやつなどを控えて痩せる方法です。

そして注目すべきは温かいご飯を冷ますと「レジスタントスターチ」という健康成分が現れることです。つまり冷めたごはんがポイントなんです。

これは「難消化性でんぷん」=「消化されにくいデンプン」なので食物繊維と同じような働きをしてくれます。デンプンなのに消化されにくいのであまりエネルギーにはならないんです。つまりダイエットにつながるということですね。

ほかにもレジスタントスターチにはこのような効果があります。

レジスタントスターチの効果

  • 温かいご飯と比べると血糖値が上がりにくい
  • コレステロールの吸収を抑制
  • 腸内環境を整え、便秘解消に
  • 大腸を活性化させるので大腸ガン予防の期待も

 

急激に冷ましても「レジスタントスターチ」はできにくいですし、冷めたものを温めなおしても良くありませんので注意してくださいね。

おにぎりにすると良いのはこういう理由からだったんですね。

おにぎりダイエットのルールとやり方

それではおにぎりダイエットのルールとやり方を確認しておきましょう。

  • 期間は1週間~3週間の短期間で行う。
  • 1日に1合~3合のおにぎりを朝・昼・晩に分けて毎日できるだけ同じ時間に食べる。
  • おにぎりの具は梅干し・おかか・昆布・岩ノリ・ごま塩など、脂質の少ないシンプルなものものにする。
  • おかずは野菜を中心にお浸し・和え物・サラダなどにし肉・魚類は食べない。お味噌汁もOK。

 
長期間続けると栄養不足になる危険性もあるので、はじめておにぎりダイエットを行うなら1週間など短い期間から始めるのが良いです。

おにぎりダイエットはコンビニおにぎりでもOK?

もちろんコンビニのおにぎりでもOKです。でも1個はお米何合分なんだろうって考えてしまいますよね。

コンビニのおにぎりは1個が軽めで100~110gです。お米1合を炊くとごはんが約330gになります。つまりコンビニのおにぎり3個でお米1合ということになります。

意外に量を食べてもいいんだということがわかりますよね。

もちろん経済的にはお家でご飯を炊いた方が圧倒的に安いですけど、時間がない時でもコンビニで買えるので気軽にできるダイエットと言えるでしょう。

ですがコンビニおにぎりは保存料などが入っているので常食はおすすめしません。あくまで補助的に使うようにしましょう。

スポンサードリンク

おにぎりダイエット おかずは食べてもいいの?

先ほど述べた通り、おにぎり以外にもおかずや味噌汁は食べても大丈夫です。

ですが食べてはいけない、避けるべきものはあります。

おにぎりダイエットで避けた方が良いもの

  • おにぎり以外の炭水化物(パスタ・うどん・パン・芋類・トウモロコシなど)
  • 肉・魚類
  • マヨネーズやドレッシングなど油が入った調味料(アマニ油はOK)
  • 油を使う調理法(揚げたり、炒めたり)
  • お酒全般
  • ジュースやお菓子(カロリーゼロでも控えた方が無難)
  • 野菜ジュースや健康補助食品(サプリはOK)
  • 果物は禁止ではないが控えめに

 

サラダを食べるときはノンオイルドレッシングやポン酢、塩などを使ってくださいね。

これだけ食べてはいけないものがあると栄養が偏りやすいので、できるだけ意識して品目を多く摂取するようにしましょう。

サラダやおひたし、根菜の煮物、豆腐などがおすすめです。ですが納豆は重めなので一日一回に抑えましょう。

 

あまり厳格に禁止しなくても大丈夫なのでイライラしない範囲で取り組みましょう。

揚げたものはダメと言いつつも、つんく♂さんも厚揚げやがんもどきは食べてましたしね。明太子のおにぎりの日もありましたので気軽に取り組むのが良いでしょう。

ちなみにお米は粒のままが良いとされていて、お餅はだめなんだそうです。

おにぎりダイエットで卵や乳製品は食べていいの?

避けるべき食材にはあがってませんが卵や乳製品は食べていいのかどうか疑問ですよね。

おにぎりダイエットは基本的には菜食中心になるので、どうしてもタンパク質の摂取が減ってしまいます。

卵や乳製品はカロリーが気になる場合は避けた方が良いですが、たんぱく質の摂取のために適量は必要だと考えます。ダイエットに成功しても肌荒れしては意味がないですからね。

ですがダイエット中ですし罪悪感があるなら卵は1日1個まで、牛乳の代わりに豆乳を使うなど工夫をすると良いでしょう。

おにぎりダイエットで注意すること

注意点として一番はこの時期は運動をし過ぎないことです。肉や魚などタンパク質の摂取量が減っているので、マラソンやウォーキングなどダイエット目的の運動はエネルギーバランスを崩しやすいので避けましょう。

体が弱い人には向かないダイエットなので自分の健康状態を考えてからにしましょう。貧血や虚弱体質ならやめておきましょう。

飲み物も気になるところですが、水分補給は基本的にお水がおすすめで麦茶もOKです。コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインの入っているものは控えめにしましょう。(腸に負担をかけない)それでも飲むときはもちろん砂糖なしにしてくださいね。

そして油の摂取が少ないと女性はホルモンバランスが崩れやすくなります。つまり油を完全には避けないほうが良いということです。できればアマニ油をサラダにかけたり、厚揚げやがんもどきなどを取り入れたりしましょう。

おにぎりダイエットのまとめ

ダイエットもそうですがどちらかというと健康な体のために、という意味合いが強いかもしれませんね。しばらくセミベジタリアンになって腸や肝臓を休ませるということでしょうか。

おにぎりだとどれくらい食べたか量の目安がハッキリわかりますよね。食べ過ぎが防止できるという良い面もあります。

とにかく無理をしないというのがポイントなので、できそうだな、と思った時に気軽に始めてみましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事