年賀状一言メッセージ文例 上司・先輩・取引先などビジネス相手に

001

年賀状の一言メッセージを手書きで添えるのがマナーのようになっています。

上司・先輩・取引先などビジネス関係の相手の場合失礼があってはいけませんし、特に個人的に出す年賀状は失敗できないですよね。

どのようにコメントするか迷ってしまいますが、あまりに定番すぎるのも考え物です。

そこで個人的に出すビジネス関係への年賀状への添え書きの例文をまとめましたので、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

年賀状一言メッセージ文例 上司や社長への書き方

日頃あまり接する機会の少ない上司だったり、社長や役員のかたなどには無難なメッセージが良いでしょう。

ですが定型文のようなコメントだとビジネスライクに感じてしまうので、気を付けてくださいね。

年賀状に去年のことを書く

「昨年は売上○○円を達成することができ活気あふれる支店になりました」

「昨年は一年を通じてチーム目標を達成することができ団結力が強くなりました」

年賀状の上司への一言は抱負もおすすめ

「今年は後輩が入社するので良い手本となるよう努めてまいります」

「8月にある○○の資格試験に合格し会社に貢献できるよう頑張ります」

「まだまだ未熟ですがチームの発展のためにに尽力していきます」

上司の体調を気遣う年賀状にする

「○○様のご健勝をお祈り申し上げます」

「健やかな一年をお過ごしになれますようお祈り申し上げます」

年賀状一言メッセージ文例 お世話になった先輩など

日ごろからお世話になっている目上の方には、気持ちが伝わりやすい一言メッセージがおすすめです。

年賀状の一言に目標を具体的に書く

「○○先輩のように後輩に的確なアドバイスできる自分になるのが目標です」

「今年の目標は苦手なデスク整理がきちんとできるようになることです」

年賀状で感謝の気持ちを言葉にする

「昨年は○○さんのサポートをいただきプロジェクトを成功することができました」

「昨年は異動で不慣れな私へのご指導をありがとうございました」

「いつも相談に乗っていただき激励をありがとうございます」

年賀状で近況報告の文例

「結婚式にご出席くださりありがとうございました 新居にもぜひ遊びに来てください」

「昨年は無事に子供が生まれわたしも一児の父親としてこれからは家族のためにもがんばります」

「○○の資格が取れたのは先輩のアドバイスのおかげです」

年賀状一言メッセージ文例 取引先やお客様へ

個人的につながりのある取引先やお客様であってもビジネス関係だということを忘れないようにメッセージを書きましょう。

基本的には無難にあいさつ文を書くのが多いようですが、感謝の気持ちを表すコメントが好印象ですね。

年賀状の取引先への感謝の書き方

「旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」

「旧年中は格別のお引き立てをいただきありがたく御礼申し上げます」

「いつもお心遣いをありがとうございます」

年賀状の挨拶文 ビジネスでの一言

「年頭に際し貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます」

「今年も昨年同様変わらぬご愛顧をお願い申し上げます」

年賀状に気の利いた一言

「○○様の担当となれたことは偶然の出来事ですが縁と感じています」

「○○様との仕事は私にとって非常に勉強になり有難く感じています」

まとめ

毎年同じような手書きメッセージになるのは味気がないですし、逆に何を書くか迷ってしまうので、少し具体的に書くのがおすすめです。

悩みがちな年賀状の一言添え書きですが、例文を参考にして普段伝えにくい感謝の気持ちなどを表してくださいね。

マナーとして添え書きに句読点は使わないように注意してください。

スポンサードリンク

おすすめ記事