七五三のお祝いの相場と時期は?ご祝儀袋の選び方と書き方も

孫の七五三のお祝い

今年七五三を迎える初孫。

一体お祝いをどうすればいいのか悩みますよね。

金額の相場はいくらなのか、いつくらいの時期に渡せばいいのかなどなど…。

さて今回は、そんなあなたのようにお孫さんの七五三のお祝いの時にいくら包んだら良いのかなどの情報をまとめてみましたのでぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

七五三のお祝いの相場っていくらくらい?

七五三のお祝いとして孫のために写真撮影代を代わりに支払ったり、品物をお祝いにするということもありますが、やはり現金を贈ることが多いようですね。

祖父母から孫への七五三のお祝いの相場は1万円~数万円といわれていますが、実際に渡す金額は5千円~10万円と幅が広いです。

孫のためなら奮発したくなりますが、これは経済状況にもよりますよね。

七五三は毎年ある行事ではないので多少お祝いの金額が高くても問題ないとされますが、もし金額で悩むのであれば今までに渡した数々のお祝いの金額を目安にするといいかもしれません。

参考に親戚など甥っ子さん達へのお祝いなら、5,000円~10,000円。深いおつきあいのあるご近所さんなどなら3,000円~5,000円が相場と言われています。

現金でなく物をプレゼントするなら、相手のご両親や息子と娘に相談してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 

七五三のお祝いの時期 いつからいつまでに渡す?

七五三は11月15日なのでそれ以前にお祝いを渡すのが良いとされます。

もう少し詳しく説明すると、現在はお参りや写真撮影が10月の下旬から11月15日くらいまでに行くことが多いので、できればその前がいいでしょう。写真撮りやレンタル衣装などでお金がかかりますから、早めの現金はなんだかんだ言っても喜ばれますよね。

お参りが終わったら両家もお呼ばれしてのお食事会などがあるかもしれませんが、その時にお祝いを渡すのではなく先に渡した方がいいでしょうね。食事代は別にお支払いするのでしょうから、かぶらないようにしましょう。

まとめると10月に入ってから七五三のお祝いをする前の間にお祝いを渡すのが良いでしょう。

 

七五三のお祝い ご祝儀袋の選び方と書き方

七五三のご祝儀袋の水引きは赤白の蝶結びのものを選びましょう。のしを付けます。(関西の場合はあわじ結びのことも。)

コンビニでも手に入りますが、こういう時期だと売り切れていることもありますからね。前もってちゃんと準備しておきましょう。

七五三のお祝いの表書き

表書きは黒の筆ペンなどで書きましょう。

「祝七五三」

どの年齢のお祝いにも書ける表書き

「賀御髪置」(おんかもきをがず)

3歳の子供に贈る

男女共に赤ちゃん時代は剃っていた髪をこの日から伸ばし始めるという儀式。

「賀御袴着」(おんはかまぎをがす)

5歳の男の子に贈る

おもに男の子がこの日から袴を着用するようになる儀式。

「賀御帯解」(おんおびときをがす)

7歳の女の子に贈る

おもに女の子がこの日から紐付きの子ども用の着物を着るのをやめて大人のように帯を締めるようになる儀式。

 

それぞれ意味はありますが、「祝七五三」が一般的でわかりやすいでしょうね。

 

まとめ

自分の子ども同様、親戚のお祝いごとは嬉しいものですよね。ましてやかわいいかわいいお孫さんですものね。

現金にこだわらず、小物などでももらった方は嬉しいはずです。七五三に関係なくても普段身に付けてもらえるようなお洋服やお勉強、遊び道具でも喜ばれますよ。なにをあげて悪いということはないですからね。

思い出に残る七五三になるようにしてあげたいですよね。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事