お寿司は手で食べる?それともお箸?どちらが良い?

寿司マナー

日本料理といえばお寿司!日本人といえばお箸!というイメージもあるので、お寿司を食べる時は手でいいのか?お箸を使うべきか?と悩みますよね。

お寿司って高級感もありますし敷居が高いイメージもあるのでマナーがきちんとありそうですよね。

今回はお寿司を食べるときのマナーをまとめましたので、参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

お寿司を手で食べる時のマナー

寿司マナー
正しいお寿司の食べ方として、手でつまむ方法について紹介します。

お寿司を親指と中指、人指し指で挟んで持ち上げます。まあ、普通にお寿司位の大きさなら自然とそのスタイルになりますよね。

そして寿司ネタの先に少量の醤油をつけます。そのまま寿司を返して食べましょう。お寿司を口に入れる際は一口で食べてしまいましょうね。まずネタを舌の上に乗せるのがいいといわれてます。

醤油はネタに少しだけ付けると、お寿司の美味しさが堪能出来ます。つまり舌で先にネタを味わうというわけです。

中にはシャリ(ご飯)にたっぷりの醤油をつけて食べたい人もいるでしょう。シャリ好きな人はそれでも全く問題ないとは思うのですが、マナーとしては疑問に感じるところですね。

シャリのほうに醤油を付けると醤油をつけすぎたり、シャリがばらばらになって醤油皿にこぼれたりします。醤油皿にご飯粒がばらばらこぼれているのはあまりよろしくはないですよね。シャリにベタベタに浸すのは、お寿司を握ってくれた職人さんに失礼な上に、味を損ないますのでさけた方がいいですね。

それから手は清潔に!爪は伸びていませんか?マニキュアも程ほどに。今日はお寿司を食べるんだ!と思ったらマニキュアは落として行った方がいいですよ!

お寿司の箸での食べ方

正しいお寿司の食べ方として、箸で食べる方法を紹介します。

  1. 寿司を横に倒し、そのままつまみ上げます。
  2. ネタの先に少量の醤油をつけます。ここからは手で食べるときと同様です。そのまま寿司を返して食べます。

さてあなたはちゃんと正しく箸を持てますか?ぎこちない持ち方だと見ているほうもがっかりですからね。品よく箸で…と思ってお寿司を落としてしまったらみっともないですよ~。

それから箸は箸置きに置きましょう。箸置きがない場合は、醤油の入っている小皿に箸先だけを乗せておきましょうね。

スポンサードリンク

お寿司は手と箸のどちらで食べるのが良い?

お寿司は手と箸のどちらで食べるのが良いかと悩みますよね。

手でも箸でも好きな方で構わないそうです。要は自分が「おいしい」と思える食べ方が一番正しい食べ方ですよ。

手で食べるのは粋にも見えますが、手をよく洗ってなければ衛生上よくはないですよね。また食後に仕事が入ってるとか、手に魚の匂いをつけたくない場合は、箸を使うのが良いと思います。

手にベトつくのが嫌な人にとっては 「お箸」が美味しい食べ方でしょう。逆に手のほうが食べやすいという人は「手づかみ」が一番美味しい食べ方になります。

フォーマルな席では箸を使った方が品があっていいとは思いますが、親しい仲で寿司を楽しみたいのなら、手でいただいて下さい。

手づかみというとお行儀が悪いというイメージがあると思いますが、お寿司は指でつまんで食べてもいい唯一の日本食なんですよ。そもそもお寿司はハンバーガーと同様に日本のファーストフードなんです。本来格式高い食べ物というわけではないので手で食べてもお行儀悪いことにはなりません。

お寿司をお箸で食べるようになったのは、ここ最近のことらしいです。女性のネイルアートやネイルチップをしていて、手で食べにくくなったからだとも言われているようです。

手を使うほうが、職人さんも嬉しいそうですよ。

最後に

手で食べるか箸で食べるかの他にも、お寿司を食べる際のマナーは色々あるので頭の片隅に入れておいて下さいね。

お寿司を食べるときは、必ずネタとシャリを一緒に食べましょう。ネタをはがして醤油につけて、さきにネタを食べたり、再度シャリの上に戻すことは「追いはぎ」といって職人さんをガッカリさせてしまいます。

お寿司は、ネタの大きさ、シャリの量、握り加減など全てのバランスを考えて作られた、立派な職人さんの芸術品なんです。「追いはぎ」をしてしまうと、それら全てが無駄になってしまいますからね。

それからできあがったお寿司をそのままにしておくのはやめましょうね。

時間が経つにつれて、ネタの鮮度が失われて、おいしさも半減してしまいます。それを防ぐために、職人はさっと握ってくれるのです。

最後に、タバコや香水は控えるようにしましょう。お寿司の繊細な香りがタバコや香水の臭いに邪魔され、おいしさが半減してしまいますから。

お寿司にかかわらずあまり肩肘張らずに食事を楽しむことが大切ではありますが、最低限のマナーは心しておくといいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事