起きるとまぶたが腫れてる!朝のむくみの解消法と予防とは?

まぶたの腫れ

まぶたのむくみって厄介ですよね。

お酒をたくさん飲んだり泣き明かした翌朝は、別人のようになってしまいます。あなたのように、むくみやすい体質ってやはりあるんです。

今回はそんなお悩みを解決できる対策をまとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね。

スポンサードリンク

起きるとまぶたが腫れてる原因は?

まぶたの腫れ

起きるとまぶたが腫れている原因というのは体質の場合もありますが、ものもらいなどの目の病気も関係してる場合があるので気をつけなければなりません。目ヤニなどの症状があれば、まず病院を受診しましょう

体質による場合に考えられるのは、血行不良が原因です。代謝が悪くなり外に排出されずに体に水分がたまってしまうんです。

目の周りは体の中で一番皮膚が薄いので、どうしてもむくみが出やすくなります。

  • 塩分のとりすぎ
  • 運動不足
  • 寝不足や寝過ぎ
  • うつ伏せで寝ている

これらに思い当たることはありませんか?

  • 寝る前に水分を摂りすぎない
  • 塩分を控える
  • 運動をする
  • 適度な睡眠時間
  • 仰向けに寝る

ということを意識しましょう。

朝のまぶたのむくみの解消法

どう頑張っても翌朝むくんでしまったら、冷たいタオルと温かいタオルを交互に目にあてる方法があります。

温タオルの作り方は水で濡らし、電子レンジで50秒ほど温めるのが簡単です。レンジの出力やタオルの大きさにもよるので丁度良い時間を探してみてくださいね。

スポンサードリンク

タオルを目に当てながら私は軽くツボマッサージをしています。

眉毛内側の端に攅竹(さんちく)とよばれるくぼみがあるので、その両側のツボを人差し指でやさしく押します。一回5秒程を5回繰り返しましょう。

この攅竹のツボは眼病や老眼予防にもなるし、一重まぶたの人は二重まぶたになるとも言われてるんですよ。

他に目頭と鼻の間の骨がへこんでいる清明と呼ばれるツボがあるので、同じように指で軽く押して下さいね。

この時爪で傷をつけないように気をつけて下さいね。

こうすることで、老廃物が排出されて目の周りのリンパのめぐりもよくなり、スッキリとなりますよ。

まぶたのむくみを予防するには?

まずあなたがなさっているように寝る前の水分は控えること。アルコールもそうですね。

飲むなとは言いませんので、寝る2時間前にはストップする。おつまみは塩分の少ないもので。塩分を控えると言っても、食生活ってなかなか変えられないし、わかっていても何の塩分が多いかってわからないものですよね。

自分で料理するのなら、味噌や醤油、塩をちょっと減らして、素材の味を生かす調理を心がける。外食はなるべく控えてみましょう。スナック菓子にもかなりの塩分が含まれています。

私もそうですが、食べるのをやめることはできませんので、少しずつ量を減らす努力をしませんか。

合わせて適度な運動も。といっても時間がなくてできない場合は、日常生活で意識して体を動かすようにしましょう。

お掃除や通勤時などでもできることはありますよね。

まとめ

私もたまにむくんでしまい、二重まぶたが一重になることがあります。

大抵夜な夜なアルコールを飲んだ時です。

そうそう主人とケンカして泣いた翌朝はもう別人ですね。目が重いのなんのって。

生活習慣が原因の場合は、この際ですから今後の為にも見直してみましょう。

食生活を変えることで、いろんな体の悩みも解決され毎日健康に過ごすことができますよ。

スポンサードリンク

おすすめ記事