窓の冷気を防ぐ方法!寝室の暖房のおすすめと寝るときの寒さ対策

寝室の窓の冷気を防ぐ

寒い時期の寝室は辛いですよね。

特に窓からの冷気が流れてくるのは何とも耐えがたいです。

寝てしまえば苦にもならないけど、寝付くまで寒くて眠れないのはとてもつらいです。

寝室ってリビングと違って人が集まる場所でもないし、家の隅にあることが多いので余熱もないですしね。

どうすれば暖かく寝心地のいいお部屋になるのかをまとめてみましたので参考にして下さいね。

スポンサードリンク

窓の冷気を防ぐ方法

寝室の窓の冷気を防ぐ

窓自体に対策をして冷気を防ぐというのはすぐに思いつく方法ですよね。

思い切ってペアガラスにするのが一番ですが、低コストでできることもあります。

断熱材やプチプチを貼る

ホームセンターなどで売られてる断熱材やプチプチを貼ってみましょう。

プチプチを貼るときは、プチプチの面を窓側にして空気の層を作ることがポイントです。

カーテンは長めに

しっかりとカーテンを閉めて下さい。

カーテンは床まで届くように長めのがいいですよ。窓からの冷気を最小限にしてくれます。

隙間風防止テープを使う

ドアですが、どうしても下の方に隙間があるので、市販のすきま風防止テープをしっかり貼ってみて下さい。

窓にも隙間があるのかもしれませんので、やはりすきま風防止テープでふさぐといいですね。

布団よりベッドで寝る

暖房もつけているとは思いますが、暖かい空気は軽いので上に、冷たい空気は重いので下に集まるので、お布団に寝ているのであれば一番寒い所で寝ているようなものですよね。

どうしても寒くて眠れないのであれば、お布団ならベットにするとか、寝る場所を変えることも考えましょうか。

スポンサードリンク

寝室の暖房のおすすめ

お部屋を一気に暖めたいのなら石油ファンヒーターでもいいと思いますが、安全性を一番に考えるとエアコンがいいと思います。

ただ一晩中暖房をつけているわけにもいかないので、ちゃんとタイマーをセットして消し忘れのないようにしましょうね。

乾燥してしまうし、逆に汗をかいて風邪をひいてしまうことになるので気をつけてください。

よく温泉旅館やホテルで過ごすと暑くて夜中になんども起きてしまうことありますよね。質のいい睡眠ができなくなってしまいます。

電気毛布を使うのも手ですし、お布団に寝ているのならホットカーペットで床を温めるのもいいですね。

足元もポカポカになりますよ。

寝るときの寒さ対策

なんといってもお風呂上がりで体がポカポカ温まっているうちに寝るのが一番いいと思います。ぬるめのお風呂につかると芯から温まります。体力も消耗するので風呂上がり一時間以内にお布団に入ればポカポカ状態でぐっすり眠ることができますよ。

お風呂あがりにすぐに寝ることができない方は、せめて寝る前に足だけでもお湯につけるといいのではないでしょうか。

私は冷え症で足が冷たくて眠れないこともあるので、靴下をはいて寝ていたのですが、逆に締め付けることで血流が悪くなり、逆効果だということを知りました。

そこで足の裏にドライヤーの温風をあてるという方法を試したことがありますが、じんわりとお布団の中でも温まり効果がありましたよ。

体を温めるという意味では、寝る前にハチミツを入れた生姜湯を飲んでみて下さい。生姜には発汗作用があるので温まりますよ。

お部屋がどうしても暖まりにくいのであれば、お布団を布団乾燥機で温かくしておくとか、湯たんぽや電気毛布を使うという手もありますね。

最も低コストできる湯たんぽ

これはペットボトルにお湯を入れることです。

たったこれだけなので誰でも簡単にできますよね。

熱湯だと熱すぎるので、50℃は超えない方が良いでしょう。私はお水を半分、お湯を半分入れています。

足で挟んで眠ると気持ちよいのでおすすめです。

まとめ

寝室に限らず寒い時期は、各部屋の寒さ対策に苦戦しますよね。

廊下、トイレ、キッチンなどなど。

暑い夏が懐かしくもなります。

日本の冬は長いですからね。しっかりと寒さ対策をして、快適に過ごしたいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事