成人式の振袖の準備の時期と相場 レンタルか購入かどっちがいい?

成人式の振袖の準備の時期

子供を持てば、やがてはやってくる成人式。成人式といえば振袖というイメージですよね。

成人式の振袖は本人もそうですが、両親や祖父母が楽しみにしているのではないでしょうか。

一生に一度の大切なお式なので、できる限り準備はしっかりとしてあげたいものですよね。

さて今回は、そんなあなたのように娘さんの成人式の振袖でお悩みの方のためにまとめてみました。

スポンサードリンク

成人式の振袖を準備する時期

レンタルと購入それぞれ振袖を準備する時期について紹介しますね。

成人式の振袖をレンタルする時期

成人式の振袖をレンタルする場合は、その年の成人式が終わって1月下旬頃から予約が始まるようです。

2月位に展示会なども始まるので、どんどん決まっていきます。遅くとも夏頃までには予約した方がいいですね。

前撮りの予約も一緒にできることが多いです。写真の前撮りの日は夏前が多いようですね。

成人式の振袖を購入する時期

購入の場合は時期にこだわらず、いつでも気に入った着物に出会った時が良いと思います。高い買い物ですからね。

あなたのようにこれからという場合は、お仕立てに最低2ヶ月はかかるので、早めの方がいいです。

こちらも展示会などで決める親御さんが多いので、一気に集中します。

成人式の振袖準備で多い時期

一番多いのは一年前の成人式です。丁度その年の成人式の話題になり、あなたのように、あ、うちの娘も来年だわって思うからです。なのでこの時期に着物屋さんも売り出しするってことですよね。

後は、消費税関係ですね。上がる前にって思いますよね。

成人式の振袖の準備はレンタルにしても購入にしてもお金がかかるものですし、早めに、と思っておきましょう。着付けやヘアメイクの予約についても、一気に集中するので着物の準備とともに決めてしまった方が良いでしょう。

娘が産まれたら、すぐに準備として積み立てをするって親もいるようですよ。

私も娘が中学生になった頃、冠婚葬祭業に勤めている友人から積み立ての案内がありました。月々1000円からというもので、興味はありましたが、まだピンとこなくて契約はしませんでした。

お孫さんが生まれたら勧めてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

成人式の振袖の相場 レンタルの場合

振袖のレンタル相場は20万円程でしょうか。

10万円を切る安いものもありますし、高いものは50万円以上もします。ほとんどは小物はもちろん、着付けやヘアメイクも含めたものが多く、成人式パックのようなものがあります。

主に美容室や写真館などで行われていますね。冠婚葬祭事業でもやっています。

成人式以外に着ることは絶対ないという場合や、着物のたたみかたもわからないなど振袖を購入をしても管理ができない場合はレンタルの方が良いでしょう。

成人式の振袖 購入の相場

レンタル代もバカにならから、いっそのこと買ってしまおうという方も多いですよね。20万円近くを払っても数時間で手放すことを考えると、もったいない気もします。

振袖を一式揃えるとなると全国平均では32万円から35万円と言われています。

一昔前、バブル時代は50万とも言われてました。やはりその位の値段だと生地も仕立てもいいので、お金のある時代にはそれ位出しても平気だったのかもしれません。

今でももちろん高価な振袖も人気ですよ。着物が安くなったのではなく、価格帯が様々なニーズに合わせてるということですね。

購入する時、その後の娘さんの状況をよく考えた方がいいですね。一生自分の物になるわけですから。親戚やお友達の結婚式にも着れますし、将来そのまた娘にリメイクすることもできますしね。

ただお手入れが必要なので、娘さんと十分相談して下さいね。

最後に

私の母親は、友人に誘われて何気に着物の内覧会に行き、振袖を購入してきました。私に似たような体型の店員さんがいたので、その方の寸法で仕立てまでしたんですよ。

私は購入前に一切振袖を見ることもなかったんです。まぁお金を払ったのは両親ですし、デザインも素敵だったので喜んで着ましたけどね。

やはりその時思ったのは、レンタル代払って自分の物にならないのはもったいない。あれば今後も着る機会もあるだろうし、という考えだったようです。

その後も友人の結婚式などで数回着ましたので、持っていて良かったなと思いました。着付け代もバカにはならないですけどね。

一生に一度の事ですので、素敵な思い出にしてあげて下さいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事