引っ越しの挨拶でなんて言う?手土産は何を持っていく?会えない場合は?

引っ越しの挨拶でなんて言う

社会人になり一人暮らしを始めるあなた。色んな事が初めてなので不安ですよね。

引っ越ししたらやはりご近所さんへの挨拶でなんて言うか、手土産は何を持っていくかなどを考えますよね。

一度ご挨拶しておけば、何かの時に安心ですし、お隣にはどんな方が住んでるのかも気になりますしね。

今回はひとりぐらしの引っ越しの挨拶や手土産や会えない場合などについてまとめてみましたので、参考にして下さいね。

スポンサードリンク

引っ越しの挨拶でなんて言う?マンションならどこまで行く?

一人暮らしでマンションに引っ越した場合はどのような挨拶をどこまですれば良いのか悩むところです。

最近では一人暮らし女性の引っ越しの挨拶は防犯上しない方がいいと考える人が多いからです。引っ越しの挨拶をするというのはわざわざ「隣に引っ越してきた一人暮らしの独身女性です。」とアピールするようなものですもんね。

ご存知のように、ここ数年一人暮らしの女性を狙った犯罪も多く、命を奪われたというニュースは後を絶ちません。自分の身は自分で守らないといけません。

ただ一概に引っ越しの挨拶をしない方がいいというわけではありません。

性別問わずお隣の方に助けてもらう場面もあるかもしれませんし、同性であるなら逆に挨拶してお近づきになっておいた方がお互いに心強いと思います。

人付き合いが密接している田舎の方でしたら全員に挨拶しておいた方が良いという場合もあるでしょう。

あらかじめ、不動産屋さんからお隣が女性なのか男性なのか確認できたらいいですよね。またはマンションというくくりで、大家さんや管理人さんに聞いてみるといいかもしれませんね。

他、彼氏がいるのなら彼氏と挨拶に行くとか、父親や両親と一緒に行くのはいかがでしょうか。

引っ越しの挨拶でなんて言う?

引っ越しの挨拶でなんて言えばいいか悩むかもしれませんがサラリと挨拶するのが望ましいですね。

初対面の相手がどんな人なのかわからないので、深入りしない方がよいでしょう。

「4月から隣に引っ越して参りました◯◯と申します。どうぞよろしくお願いします。」

このようにシンプルに挨拶しましょう。名前は名字だけで大丈夫ですよ。

引っ越しの挨拶はマンションならどこまで行く?

引っ越し先がマンションなら、まずは管理人さんに挨拶をしましょう。マンションの雰囲気などがわかるかもしれません。

希望があれば、「女性のみのご近所さんに挨拶したいんですけど」と相談してみましょう。それを参考にあなたの部屋の上下左右のお宅に挨拶しましょう。

通常のマナーとしては自分が住む部屋の上下左右に挨拶に行きますが、一人暮らしの女性は防犯も考えないといけないですもんね。十分注意してくださいね。

スポンサードリンク

引っ越しの挨拶に手土産は何を持っていく?相場は?

引っ越しの挨拶をする場合の手土産の金額の相場ですが、あまり高価な物ではなく500~1000円位ですね。

あなたの実家の銘菓などの食べ物も喜ばれるかもしれませんが中には他人から食べ物をもらうのを嫌がる人もいます。初対面ですしね。

手土産を食べ物以外にするなら、定番のタオル類もいいですし、洗剤など消耗品の家庭用品がいいですよ。

実際に私がいただいて嬉しかったのは洗濯洗剤でした。普段自分が使っていない物だったので新鮮だったのかもしれません。

手土産には「御挨拶」ののしをかけましょう。水引は紅白の蝶結びが良いですね。

引っ越しの手土産を渡すときはなんて言う?

こちらもシンプルに挨拶しましょう。手土産を渡しながら声を掛けるといいですよ。

「こちらは引っ越しの挨拶です。ご迷惑をお掛けするかもしれませんがよろしくお願いします。」

引っ越しの挨拶 いなくて会えない場合はどうする?

挨拶は引っ越してきた当日が望ましいです。遅くとも2~3日以内、それも難しいなら最初の土日には挨拶したいところですね。

時間帯も常識の範囲内で、なるべく食事時をさけて伺いましょう。おすすめは明るい時間帯の14~18時頃です。
ただ一人暮らしとなれば、生活パターンも様々なので不在な場合もあるでしょう。

部屋にいない場合は一言メモを置いておけばいいですね。ただあまりしつこくすると相手も嫌がるので、その程度でいいと思いますよ。

後は偶然廊下などですれ違った際に軽くご挨拶すればいいでしょう。

最後に

本当に最近は女性を狙った痛ましい事件が多いことに驚きますよね。親御さんのお気持ちを思うといたたまれません。

我が娘もいずれは巣立ち、一人暮らしをする日が来るのかと思うと心配でなりません。

いくら自分が悪くなくても「女性」という事だけで狙われる可能性が高くなります。特にあなたのように若い独身女性は気をつけなければなりませんよ。

あなたもしっかりと防犯対策をして過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事