花粉症時期2016いつからいつまで?飛散量予測とピーク時期・時間帯

幼稚園児の父の日のプレゼント

花粉症のあなたにとってツライ時期が2016年もやってきます。

真夏以外は飛んでいるというスギ花粉ですが、最も多く飛散するのは2月~3月です。これがいわゆる花粉シーズンというものですね。

この花粉シーズンは毎年の気象条件などにより前後します。

今回は2016年の花粉時期はいつからいつまでなのか、ピークの時期や飛散量について地域別に紹介しますね。

スポンサードリンク

花粉症時期2016 いつからいつまで

花粉症時期2016はいつから?

2016年の花粉の時期が始まりますね。

気象庁の予測では2月の上旬ごろから太平洋側の花粉シーズンが始まるとされています。

1月から3月にかけての気温が高いと花粉の時期の開始が早まる傾向にあるのですが、今年度は西日本・東日本は例年より早め、北日本は平年並みでしょう。

北海道と沖縄はスギがほとんどないので、スギ花粉症はないそうです。

地域別の花粉の開始時期はスギ花粉前線を確認すると良いでしょう。

日本気象協会発表2016年スギ花粉前線
http://www.tenki.jp/images/contents/pollen/chart_large_1_20160114.jpg

スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかながら飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、そろそろ花粉対策を始めるとよいでしょう。

全国でも花粉の飛散が早い福岡や愛知では現在(1月中旬で)すでに花粉の症状を感じて耳鼻科に行かれる方も多いので、対策は早めにするのがおすすめです。

花粉はいつまで飛ぶの?

実はスギ花粉は夏以外の季節にはずっと飛び続けているというのをご存知でしたか?

つまり6月の頭くらいまではスギ花粉は飛んでいるということになります。

さらにスギ花粉が終わってもヒノキ花粉が飛んでいるので本格的に気温が上がる前までは注意が必要ですね。

花粉の飛散量の予測

今年の花粉の量は例年に比べると東北以外の地域は並み~少なめと言えるでしょう。

ですが前年に比べると九州の飛散量は多いという予測です。

花粉の飛散量 地域別の予測
地方 飛散開始時期 飛散数
前シーズン比
(地方平均値)
例年比
(地方平均値)
北海道 やや少ない
(80%)
非常に少ない
(40%)
東北 2月下旬~
3月中旬
やや少ない
(80%)
やや多い
(120%)
関東
甲信
2月上旬~
2月下旬
やや多い
(110%)
例年並
(90%)
北陸 2月中旬~
2月下旬
やや少ない
(80%)
やや少ない
(80%)
東海 2月上旬~
2月中旬
やや多い
(130%)
少ない
(60%)
近畿 2月中旬 やや少ない
(70%)
非常に少ない
(40%)
中国 2月上旬~
2月中旬
前シーズン並
(90%)
少ない
(50%)
四国 2月上旬 やや多い
(120%)
非常に少ない
(40%)
九州 2月上旬 多い
(160%)
非常に少ない
(40%)
(参考:日本気象協会)

暖冬だと花粉が多くなる?

暖冬だったからもしかして花粉の量が多くなるんじゃ…、と心配したかもしれません。

花粉の量は前年の夏の気象に関係するので、量が多くなるということはありません。昨年夏が涼しかったので飛散量は少なめとなっています。

ですが飛散時期は早くなるようで、すでにに症状があらわれている人もいます。梅も咲いているので杉も早いと考えられます。

花粉のピーク時期

花粉の量が特に多い時期はいつ頃なのかというと、これは花粉シーズンに入ってからの気温なども関係してきます。

2月~3月の予想気温は全国的に平年並みか高いとされていますが、そこまでの影響はないという見込みです。つまりピークの時期は例年並みでしょう。

花粉の地域別ピークの予測
地域 スギ ヒノキ
福岡 2月下旬~3月上旬 3月下旬
高松 3月上旬~3月中旬 4月上旬
広島 3月上旬~3月中旬 4月上旬
大阪 3月上旬~3月中旬 4月上旬
金沢 3月中旬~3月下旬
名古屋 3月上旬~3月中旬 4月中旬
東京 3月上旬~3月中旬 4月上旬~中旬
仙台 3月中旬~3月下旬
(参考:日本気象協会)

金沢と仙台は4月にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散数が比較的少なく、はっきりとしたピークはないでしょう。

花粉が多い日について

スギ花粉は飛散が始まって1週間~10日後くらいから、だんだんと花粉の量が多くなっていきます。さらに1カ月後がいわゆる花粉のピークを迎えるのですが、注意したいのは天気です。

  • 晴れていて気温が高い
  • 乾燥していて風が強い
  • 雨の翌日
  • 気温の高い日が2~3日続いた後

この日が休日なら外出は控えた方が賢明ですね。

花粉が多い時間帯について

一日の中で花粉の飛散量が多い時間帯って何時頃なのでしょうか。

最も花粉が飛ぶ、舞い上がる時間は外に出るのを控えたいところです。

毎日の気象条件によっても時間帯は微妙に変わってくるのですが、

  • 昼前後
  • 日没後

といわれています。

これは気温が上がって午前中にスギから飛び出した花粉が数時間後に都市部に届くことと、上空に上がっていた花粉が地上に落下してくるためと考えられています。

逆に深夜から早朝にかけてが一日の中で花粉が最も少ない時間帯となります。

外出する時間帯をずらせるのであれば一番良いですね。

朝早くに移動するとか、夕方以降に用事を入れるなど、少しでも花粉の少ない時間帯にして接触を減らしましょう。

最後に

参考になりましたか?

症状が重い人はどれだけ早くから対策をするかによっても随分違うようです。

今年は特に飛散開始が早めなので、今のうちに準備しておく方が良いでしょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事