入園式の髪型ママの簡単アレンジのやり方!ミディアムもロングも

入園式の髪型ママの簡単アレンジ

入園式はお子さんが社会に触れる初めの一歩の大切なセレモニーです。

お母さんはお子さんのためにキレイにして行きたいところですよね。

とは言っても目が離せないお子さんがいるから美容院にも行けないし、時間のかかるヘアアレンジはできません。

というわけで今回は入園式のママの髪型アレンジを自宅で簡単にできるやり方を紹介しますね。

スポンサードリンク

入園式の髪型ママの簡単アレンジ【ショート~ミディアム】

入園式はおめでたい意味が強いので、華やかな印象が好まれますよね。

髪が短めのアレンジもいろいろあるので気になったものを練習がてら一度試してみてくださいね。

ショートヘアのアップ風編み込みアレンジ

左右にふたつの編み込みを作って、真ん中はゴムでとめてそれらをピンでまとめるだけの簡単ヘアスタイルです。

ショートヘアに見えないアップ風のヘアアレンジなんです。

髪の長さがバラバラで編み込みしにくいなら、あらかじめまとまりやすいワックスなどを使うといいですよ^^

ミディアムの簡単ハーフアップアレンジ

後ろの真ん中で結んだゴムの部分にサイドの髪の毛を持ってきて巻きつけるというアレンジです。

動画を見ても簡単にできるということがわかりますよね。

ヘアアクセサリーがなくてもオシャレに見えるのもポイントが高いですね。

くるりんぱを使ったハーフアップのアレンジ

三つ編みを両サイドに作って、真ん中のくるりんぱとまとめる髪型です。やり方を見るととってもシンプルですよね。

髪飾りがあるならワンポイントとしてつけるとまとめた部分がキレイにできてなくても問題ないです(笑)

簡単にささっとできる髪型ですよね。

ミディアムのくるりんぱで簡単アレンジ

くるりんぱって髪が短いとやりにくかったりするんですけど、実はアレンジスティックを使えば簡単にセットできるんですよね。

100均でも売ってますし、ネットだともっと安かったりするので、お買い物のついでなどに買ってみてもいいかもしれませんね。

→100均よりも安いくるりんぱのアレンジスティックをチェックする

入園式の髪型ママの簡単アレンジ【セミロング~ロング】

入園式の髪型は華やかな方が良いといっても髪が長いと派手になりすぎることもあります。サイドはアップにしておいた方が無難ですね。

主役はお子さんですからママのオシャレはやりすぎないように、お子さんを引き立てるようなヘアスタイルにしましょうね。

ロングのアップヘアの作り方がとっても簡単

ある程度の髪の長さがあれば誰でも簡単にできるヘアアレンジです。

本当に時間がない!不器用だから髪の準備をすぐに終わらせたい!というあなたにおススメの髪型です。

着物でもスーツでも合うヘアスタイルだし、練習も要らないくらい簡単ですよ^^

入園式ママの上品ハーフアップ巻き髪

アイロンで巻いておけばあとは簡単にできます。動画を見ても時間がかからないことがわかりますよね。

巻き髪もハーフアップだと派手すぎないし、好印象の髪型です。年齢も選ばないのが良い所ですよね。

ヘアスプレーは必須アイテムですよ。

かわいいのにシンプルな編み込みアレンジ

ざっくりとした全体の編み込みのトップを引き出して、髪飾りをつけるだけの時間のかからないシンプルアレンジです。

動画のように大きめのシンプルなヘアアクセサリーをつけるとカワイイ系のまとめ髪になりますよね。

長めのロングヘアでも簡単なまとめ髪

髪が長くてアレンジに困ってるというあなたにおすすめの髪型です。

くるりんぱと三つ編みを使った簡単なやり方なので、ロングでも挑戦しやすいです。

動画での説明が詳しいのでヘアアレンジ初心者でも問題ありません。

一度練習しておくと、次はとっても早くできるようになりますよ。

着物の髪型も簡単に自分でできます

自分で簡単にできる着物に合う髪型です。

髪の毛をひとつにまとめて、くるくるとまとめていくシンプルなヘアアレンジです。

ミディアム以上の髪の長さがあれば、このやり方でまとめることができますよ。

時短の簡単アレンジでも華やかサイドシニヨン

髪の長さによってシニヨンの大きさは変わります。

シニヨンは少し高めの位置で作るとカワイイ感じに、低めの位置で作ると大人っぽい雰囲気になりますね。

前髪を巻いておくと柔らかい印象になります。

入園式の髪型ママの簡単アレンジのまとめ

入園式の髪型を当日にぶっつけ本番ですると、思ったより時間がかかってしまうことがあります。

夜などの少しの空いた時間などで一度練習しておくことをおすすめします。

自分のイメージ通りになっているかの確認もできますしね。

お子さんが主役の入園式。ママがしっかりサポートできるように派手すぎないオシャレな髪型にしていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事