千光寺公園の桜の見ごろは?ライトアップの時間や駐車場情報も

千光寺公園の桜の見ごろ

広島の尾道の観光名所で有名な千光寺公園。

千光寺公園の桜は「桜の名所100選」にも選ばれているんです。

ライトアップもされるので、夜桜も楽しめますよ。

展望台からは尾道の港も見えます。これが人気の理由のひとつでしょうか。

素敵な景色と桜をぜひ楽しみに行ってみませんか?

スポンサードリンク

千光寺公園の桜2016年の見ごろは?

広島県内で人気の桜の名所と言われる千光寺公園の桜の見頃は例年3月下旬から4月中旬です。4月の1週目が混雑します。

去年の満開は4月3日でした。今年は4月の上旬ぐらいから見頃になりそうです。ソメイヨシノなどの桜が約1500本あります。

例年の人出は約10万人にもなります。広島屈指の観光地でもあるので県内はもとより県外からの花見客も多いですね。

お花見につきものの屋台も充実しています!弁当持参でなくても屋台で食べ物を買うことも可能です。もちろんビールやお酒も。ただ休日は屋台も混み合うので自分たちで用意していった方がスムーズにお花見はできそうですね。

桜の見頃に合わせてイベントもあります。3月19日~4月17日まで「おのみち俳句まつり」文学の町尾道ならではのイベントですね。ぼんぼりの灯りで幻想的になります。

4月2日はさくら茶会(駅前芝生広場にて)がありお茶席で抹茶やお菓子などが味わえます。桜と一緒に楽しみましょう。

スポンサードリンク

千光寺公園の桜のライトアップ!夜桜が見れる時間は?

昼間の桜ももちろん綺麗ですがやはり心踊るのは夜桜見物です。桜の美しさは夜でこそ際立つ…そんな気がします。

千光寺公園では3月19日から4月17日までライトアップされます。

ライトアップの仕方も素敵でぼんぼりに春の俳句が書かれていて浮かびあがるようになっています。俳句のひとつひとつを鑑賞しながら春を感じるのもいいですね。桜と一緒に文学にも親しめる粋なはからいですよ!

ぼんぼりの点灯時間帯は期間中の18時ごろから24時までです。千光寺公園は年中無休で24時間入れますのでゆっくり鑑賞してくださいね。

ちなみに期間中は多くのカップルが訪れる人気のデートスポットです。桜と尾道の夜景がみられる訳ですから盛り上がらない訳はありません(笑)さすが恋人の聖地と言われるだけあります。

千光寺公園の駐車場やアクセス情報

気になる千光寺公園へのアクセスについてです。

千光寺公園は尾道の人気の観光スポットですので桜のシーズンでなくても大勢の観光客で賑わっています。

千光寺なども拝覧したりして滞在時間が長くなることが予想されるので混雑を考えて時間に余裕をもっていくのがおすすめです。

千光寺公園へ電車での行き方

 JR尾道駅から千光寺公園への行き方

「東行き」バス乗車約5分→「長江口バス停」下車後すぐ→千光寺山ロープウエイで山頂駅下車

尾道駅からロープウェイまでは徒歩15分ですので散策するのも良いかもしれません。

JR新尾道駅から千光寺公園への行き方

「尾道駅行き(長江経由)」バス乗車約10分→「長江口バス停」下車後すぐ→千光寺山ロープウエイで山頂駅下車

 千光寺山ロープウェイの営業時間や料金など

基本的にロープウェイは9:00~17:15まで15分間隔で運行しています。

2016年3月25日(金)~4月10日(日)は運転時間延長されます。

  • 月~木曜日 9:00~18:00
  • 金~日曜日 9:00~19:00

さらに4月2日(土)、4月9日(土)は21:00まで延長されます。

  • (片道)大人320円、小児160円
  • (往復)大人500円、小児250円

千光寺公園への車でのアクセス

千光寺公園は桜の時期は周辺道路が混雑するので渋滞緩和のために土日の昼間に交通規制がかかります。ナビ通りに進めなかったりするので注意してくださいね。

千光寺公園交通規制図(観桜期)
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/open_imgs/info/0000029975.pdf

山陽自動車道福山西IC→国道2号線経由20分(広島県尾道市西土堂町19-1)

駐車場は70台で料金は一日600円です。

花見シーズンは臨時駐車場もありますが混雑が予想されるので交通機関を使った方が良さそうです。

最後に

今や広島の観光名所の一つになっている尾道。その中でも千光寺公園は一年中楽しめるスポットとして人気です。山頂から桜と尾道の港を見下ろしながら十分に春を堪能してください。癒されること間違いなしです。

スポンサードリンク

おすすめ記事