宮島花火大会2017日程!車で行くなら駐車場は?待ち時間はどうする?

宮島水中花火大会のおすすめスポット

広島の宮島の花火大会は水中から打ち上げられる壮大なスケールで行われる全国でも有名な花火大会です。

宮島花火大会2017年日程などの情報や車で行きたいと思っている方への駐車場のアドバイス、待ち時間の過ごし方など、気になる情報をお知らせします。

スポンサードリンク

宮島花火大会2017日程と打ち上げ時間などの情報

  • 開催日程:  平成29年8月26日(土) 19時40分~20時40分
  • 場所:    厳島神社大鳥居沖合400mの海上の打ち上げ台船
  • 打ち上げ数: 約5000発(水中花火200発)
  • 問い合わせ: 宮島水中花火大会実行委員会(TEL 0829-44-2011)

※雨天決行ただし荒天の場合は平成29年9月2日(土)に延期されます。

上記は今年の予定です。

宮島の花火はここ数年で お盆→山の日 と開催が変更され、今年は8月26日と下旬になりました。

土曜日なのでかなりの人出が予想されます。

宮島の満潮と干潮の時間は?

2017年の宮島花火大会の日の満潮と干潮が気になりますよね。水位によっては鳥居のそばで見れたりします。

広島港のデータになりますが8月26日は

  • 満潮:0時7分と12時24分
  • 干潮:6時18分と18時30分

です。

花火大会が行われている20時の水位は140cmくらいです。

大鳥居の根元まで歩いて行ける潮位の目安は100cm以下です。

19時くらいまでなら大鳥居まで歩いて行けます。

ですが花火大会の時は鳥居は海に浮かんでいる状態です。鳥居の近くまでいける引き潮の時間は残念ながらこの日は当てはまらないようです。

スポンサードリンク

宮島の花火大会に車で行くなら駐車場は?交通規制は?

筆者は広島在住ですが宮島の花火大会には正直車で行くことはあまりおすすめできません!国道2号線の渋滞は実際昼過ぎぐらいからはじまっています。

16時から21時にかけて交通規制がありますし、夕方になると車は動かないと思っておいた方がいいですね。車で行く人がすべて島に渡る訳ではなく対岸沿いで見る人を含めての渋滞です。

宮島花火大会交通規制

宮島口付近駐車場

宮島口には何箇所か駐車場があります。

以下の3つの駐車場をとりあえず目指していきましょう。料金は1日で1000円のところが多いです。この3つの駐車場がだめだったら近くの100円パーキ ングを探すことになります。

フェリーで車で島に渡ることも可能ですがこの日は花火大会終了後には宮島口行きのフェリーに乗せることができないので帰ることができなくなります。金額も高額だし宿泊などの予定がある場合は別ですが駐車場も限られた台数しかありませ ん。宮島内は車では移動ができないので花火大会の日は車で渡ることは避けた方が良さそうです。

宮島口駐車場

観光に来られる方が利用されます。

広電宮島ガーデン

500台駐車可能。泊が可能ですのですでに宮島に宿泊されている方が止められている可能生があります。

宮島競艇駐車場

花火大会の日は一般の方にも開放されます。

JR沿線の駐車場

宮島口まで行かなくてもとりあえすJR沿線沿いの駐車場にとめてそこからJRもしくは広島電鉄の路面電車で行く方法もあります。

広島駅

広島駅付近にはかなりの数の駐車場があります。最大料金の設定されているところも多くあります。

新井口駅

大型商業施設「アルパーク」の駐車場。4時間までは無料です。

五日市駅

駅の近くに「福屋」があります。駐車場の台数は少ないですが4時間まで無料です。

阿品駅

「フジグランナタリー店」商業施設です。こちらは海岸沿いにあるので花火をこの場所でみる方が多くいます。宮島から近い商業施設ですので激戦ですよ!


宮島口の混雑を避けるためにパークアンドライドとして、ちゅーぴーパークの駐車場からのシャトルバスやJA広島総合病院の駐車場(ここからは路面電車で移動)を開放などの取り組みもされています。

花火大会用に実施されるかどうかはまだわかりませんが情報をチェックしてみてくださいね!
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/97/miyajimaguchi-park-and-ride.html

宮島で花火までの待ち時間はどうする?

宮島花火大会の当日はおそらく宮島観光というより花火メインで来られる方の方が多いと思います。

宮島は観光するところがたくさんあるので1日では中々回りきれないし、この日はかなりの人出なのであまり動くことはできないでしょう。

しかも場所取りもしなくてはいけませんよね。場所取りはその日の午前0時からと決まっていますが午前中につくことができたらまだ場所取りはできるでしょう。そのあとゆっくり厳島神社や紅葉谷公園を観光することは可能です。余力があれば大聖院や水族館も行ってみてください。

ただしこの時期、とても暑いし宮島は基本歩くことが多いのであまり動き回ると疲れてしまいます。なので場所取りをしながら順番で表参道あたりのお店を巡って食べ歩きをするのもいいですよ。アーケードもあるし凉めます!

最近はカフェもあちこちにできていますのでカフェでゆっくり暑さをしのぐのも手です。食事をされる方はかなり早めをおすすめします。お店は夕方からすごく混んでくるので。もちろん日本三景の宮島ですから場所取りしながら風景を楽しむのも素敵な過ごし方です。

宮島水中花火大会のまとめ

宮島水中花火大会の情報をしっかりゲットして作戦を練っていきましょう。

夏の暑い時期ですので早くから宮島に渡られる方は水分をしっかりとって夜に備えてください。楽しい夏の思い出を作ってくださいね!

スポンサードリンク

おすすめ記事