宮島水中花火大会のおすすめスポットは?対岸やクルーズや遊覧船からも

宮島水中花火大会のおすすめスポット

宮島の水中花火大会は宮島に渡る人や対岸からみる人など毎年30万人の人出と言われています。

夏休みの思い出に子どもさんを連れて行きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん宮島に渡った方が楽しめるのですが、実際は対岸から見る人の方が多いですよ!

宮島の島内はもちろん対岸の穴場スポットの情報などお知らせします!

スポンサードリンク

宮島水中花火大会のおすすめスポット

宮島に渡ったらどこで花火をみるのがいいのでしょう?悩みますよね。場所取りはその日の午前0時からです。場所を決めておいてベストポジションを狙いましょう。

大鳥居前

まずはここが最高のベストポジションです。大鳥居と花火をみるのが宮島の花火大会の醍醐味ですので当然ですね。

ただし写真愛好家の方々がもっとも好む場所。宮島の花火大会は花火を撮影する愛好家の中で人気NO1とされています。鳥居と水中花火のコラボの撮影が大人気です。

こちらの場所はカメラの三脚などが立ち並び場所確保も難しいし、愛好家の方は基本夜までそこにずっといてカメラを移動させたりする可能性もあるので、シートなどの場所取りは不可能です。

ずっとそこにいる覚悟がいりますね。

宮島水族館の裏

こちらは裏手が海岸で港から少し離れたところにあるので混雑も少ないです。どちらかというと地元の方が多いですね。帰りの電車やフェリーの時間を気にされないならこちらは超おすすめですよ!

千畳閣や清盛神社などの高台

海岸にできるだけ近くて高いところ…考えただけでよく見えそうですね。高台に上るまでの道沿いの通行に邪魔にならないところにもシートを敷いてみる人もいます。少し上からだと全体がみまわせて違った楽しみ方もできるでしょう。

有料観覧席

これぞ特等席!海岸沿いの防波堤円付近に設けられています。1席5000円で、5000席用意されているのですが人気ですぐに売り切れてしまうようです。電話予約のみの受付になります。詳しくは宮島観光協会まで。

もし自分で有料観覧席を確保できなくても国内ツアーのパックもありますよ。



宮島の花火は対岸ならどこで見る?

では島に渡らずに対岸でみている人はどこで見るのでしょうか?実際対岸から見る人の方が多いのですから人気のスポットはやはりかなりの人出になります。

フジグラン ナタリー店付近の防波堤

広島在住の筆者が何度か宮島の花火を見る場所がここ!まずはここはフジグランの駐車場があるので車でも行けます!JRや広電の駅も激近です。車で行った場合は必ずフジでお買い物をして(笑)いきましょう。

こちらのお店は海岸に面しているのですが、お店を出て海沿いに行くと飲食店のある広場スペースがあります。ここがおすすめスポットです。海に面したイタリア料理のお店「マリオデザート」では花火を観覧しながらお食事ができますよ。予約はお早目に!

安芸グランドホテルの船着場

こちらのホテルは宮島から10分ぐらいのところにあって海に面しています。宮島が綺麗にみえるロケーションで建てられているのでホテルの中のお店やバーベキューテラスなどからも花火を見ることができるので大人気で花火大会当日は予約がいっぱいです。宿泊はできなくてもこちらの船着場は遮るものもなくかなりの穴場スポットですよ。駐車場の確保などのためにはできるだけ早めの到着がおすすめです。

ちゅーピーパーク

中国新聞の印刷工場で広島では観光地のひとつでかなりの高台にあります。高台なので花火が綺麗に見えますよ。JR前空駅からもいけますが坂道なので車がおすすめです。駐車場台は1000円です。

宮島競艇場

お子さん連れにおすすめなのが宮島競艇場です。トイレなどの心配がないからです。毎年開放されていますが混雑しますので早めに着くようにしましょう。

 


 

この他には桟橋付近などでみている人も多いですね。宮島のある廿日市という場所は海沿いなので宮島付近の防波堤では打ち上げ花火はどこでも見ることができます。

ただし水中から打ち上げられる仕掛け花火は島に渡るか側に行かないと見られませんので悩むところです。

スポンサードリンク

宮島花火大会クルーズや遊覧船

混雑を避けたい!ゆっくりみたい!たまには優雅な気分が味わってみたい!という方には船のツアーをおすすめします。最近では船会社や旅行会社が色々なプランを出しています。ホテルと提携したパックやお食事付きのものまで様々です。大体今年のプランは6月か7月に出されるので情報をチェックしておいてください。これまでのおすすめのプランはこちら!

瀬戸内汽船トラベルサービス

「銀河花火大会クルーズ」は広島では有名な「銀河」でディナー付きのクルージングが楽しめます。お値段は高めなのですが日常から逃避して豪華な気分を味わうにはピッタリです。

宇品港発なので行き帰りの混雑もありません。こちらの船会社にはもう少しリーズナブルなプランもあります。専用のフェリー乗船とお弁当付きで7500円ぐらいです。

宇品海運旅行センター

こちらもお弁当付きのプランです。高速船のプランもあるようなので時間に限りのある方はいいですね。こちらも乗船が8000円程度。高速船は少し値段が高くなって10000円程度です。

宮島桟橋から遊覧船も毎日出ていますがこの日は残念ながら運休か貸切ということになりそうです。

宮島花火を船上で見る国内ツアー

県外から宮島水中花火大会を見に行く場合は遊覧船と新幹線往復、宿泊などがセットになった旅行会社の国内ツアーもおすすめです。宮島の花火大会と広島観光をお楽しみください。

→阪急交通社の国内旅行をチェックする

宮島水中花火大会のおすすめスポットのまとめ

夏の夜空に咲く綺麗な花火。少しでも良い場所でみたいですね。

小さい子どもさんのおられるご家族やカップル、お年寄りそれぞれが無理なく楽しめるところを探してください。

素敵な夏の思い出になりますように…。

スポンサードリンク

おすすめ記事