敏感肌の日焼け止めの選び方 パッチテストやクレンジングが重要な理由

敏感肌の日焼け止めの選び方

紫外線が強い日でなくても外出する時は日焼け止めクリームをしっかり塗らないといけません。短い時間だからと油断していると肌はダメージを受けますし、いつの間にかシミになることもあるからです。

特に敏感肌の場合は紫外線のダメージを受けやすく、炎症を起こしやすいのでシミのできるリスクも高くなりますからしっかり日焼け止めを塗らないといけません。

でも同時に困るのは日焼け止めによる肌トラブルです。

敏感肌さんが日焼け止め製品を選ぶ時の注意点などまとめてみました。

スポンサードリンク

敏感肌の日焼け止めの選び方

日焼け止め製品の中には敏感肌には刺激の強い成分を含んでいるものもあるので、日焼け止めなら何でもOKというわけではありません。

日焼け止め製品の中に含まれる紫外線をブロックする成分には、紫外線吸収剤もしくは紫外線散乱剤というものを使った二つのタイプに分かれています。

一般的にノンケミカルと呼ばれている日焼け止め製品には紫外線吸収剤は使用されていません。紫外線吸収剤は紫外線を吸収して熱エネルギーに変換して放出するという仕組みによって日焼けを防ぎます。つまり肌を乾燥させたり、肌トラブルの原因になると考えられているからです。

逆に紫外線散乱剤は紫外線を反射させて日焼けを防ぐタイプなので、紫外線吸収剤と比較すると肌へのダメージが少ないのです。

敏感肌の人が日焼け止めを選ぶ時にはノンケミカルで紫外線吸収剤不使用と表示されているものを選ぶのが安心でしょう。

つまり紫外線散乱剤のタイプの日焼け止めを選ぶということですね。

日焼け止めもパッチテストは必要?どうやってする?

ノンケミカルの日焼け止め製品は赤ちゃん用、子供用、敏感肌用とデリケートな肌質向けに多いので安心できると言っても、やはり敏感肌の人は初めて使用する日焼け止めはパッチテストを行って肌の状態を観察することをおすすめします。

日焼け止めの中に配合されている成分は一つではありません。紫外線吸収剤を使用していなくても、ほかの成分が肌に合わない場合も考えられるからです。

日焼け止めは女性は主に顔全体に使いますが、万が一肌に合わなかったときは大変なことになるのは想像できますよね。敏感肌というのは普通肌に比べて合わない化粧品も多くあります。口コミなど評判だけですぐに使い始めるのは危険だということを覚えておきましょう。

日焼け止めが肌に合わないかも

できれば日焼け止めを使う前に、肌に合うかどうかパッチテストを行ってみるのがいいのですが、その方法は他の化粧品と同じでも大丈夫なのか気になりますね。

パッチテストを行う時は、一般的な化粧品の時と同様に目立たない場所で行えばOKです。腕の内側など目立たない場所に塗り、30分くらい経ってから肌が赤くなったりかゆみを感じたりしないかどうかチェックします。ですがもっと時間が経過してからかぶれたりする場合もあるので、1時間くらいは観察するようにしたいところです。

日焼け止め製品のパッチテストだからと言って紫外線を浴びる場所に塗って実際に紫外線を浴びせてテストをする必要はありません。まずは肌が拒否しないものかどうか確かめられれば大丈夫です。

スポンサードリンク

日焼け止めのクレンジング 敏感肌ならどうする?

敏感肌の人はできるだけクレンジングや洗顔の回数を減らしたいと考えている人が多いのですが、肌に日焼け止め成分を残してしまうよりもしっかり落とすことが大切です。

敏感肌用の日焼け止めクリームの場合はクレンジングがいらないものもありますが、日焼け止めを塗った後にはお湯や水だけで洗い流すだけでは不十分です。クレンジングで落とすまでは必要なくても、洗顔料や石けんを使って洗い流すようにしましょう。

日焼け止め製品を選ぶ時には落とし方の説明がきちんと表示されているものを選ぶようにすれば間違えることはありません。刺激の強いオイルクレンジングよりも肌に負担の少ないミルクやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

もしメイクの下地として日焼け止めクリームを使用した場合はクレンジングで一緒に落とすことができます。

ノーメイクで日焼け止めだけを使った場合は、それだけのためにクレンジングを使用しなくても洗顔料だけでも落とすことはできます。

ただしアウトドア用で汗や水に強いウォータープルーフの日焼け止めを使用した場合には、簡単に落とせない場合があるので注意しましょう。

表示通りにキレイに落とせる方法でしっかり落とし、その後のケアを丁寧に行うようにしてくださいね。

敏感肌の日焼け止めの選び方のまとめ

紫外線は怖いけど、敏感肌の人にとっては日焼け止め製品も簡単には選べないので困ることも多々あります。

それでも紫外線から肌を守ることは健康な肌にも敏感な肌にも共通することです。肌のダメージが少ない日焼け止めを選びながらしっかり紫外線対策を行っていきましょう。

敏感肌はシミができやすいとか、美白効果が届きにくいという問題もあるので、紫外線を甘く見ないようにしましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事