敏感肌とは乾燥肌とどう違う?チェックリストや肌診断も確認

敏感肌とは乾燥肌と違うの

敏感肌という肌質をテレビや雑誌でもよく見聞きすると思いませんか?

でも皮膚科医の話では、敏感肌と呼ばれる肌質というのは特定しているわけでもなく、症状としてもハッキリしていないそうです。

それなのになぜ敏感肌が注目されるのでしょうか。

乾燥肌の人は敏感肌の傾向になるというウワサもありますし、何だか肌のことって複雑ですよね。

敏感肌について「自分の当てはまるかも?」と思っているアナタと一緒にチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

敏感肌とは?チェックリストで確認

敏感肌というのはどんな症状のことを言うのか、実は定義があるわけではなく、具体的にはよくわかっていないんです。

でも肌の状態が変化しやすいことが敏感肌のサインと考えるのが一般的です。

以下のチェックリストを確認してみてください。

  • 季節の変わり目になると肌荒れをする
  • 新しい基礎化粧品を使うと肌に合わないことがたまにある
  • 生理前になると肌荒れすることがある
  • 花粉症のシーズンになると肌がかぶれることがある
  • 乾燥する季節になるとかゆみなどを起こすことがある
  • 気温の大きな変化でかゆみや赤みを発することがある
  • 今まで平気だった化粧品が突然合わなくなることがある

このようなことが起こりやすい肌の人は敏感肌かもしれません。

意外と誰にでも起こりそうなことなので、敏感肌ってそんなに特別な症状のことではないのですよ。

肌のコンディションが安定せず、ゆらぎやすい肌ということで「ゆらぎ肌」と呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

敏感肌と乾燥肌の違いって?同時になるもの?

敏感肌の症状をチェックしてみると、乾燥肌のトラブルに共通することが数多くあります。というのも乾燥しやすい季節になると敏感肌になる傾向があるのです。

敏感肌と乾燥肌とは同じようなものなのでしょうか。

じつは乾燥肌と敏感肌は別々の原因になる場合もありますが、大きな原因を突き止めると肌のバリア機能の低下によるものなので同じ原因から始まるとも言えるんです。

肌にはもともと外側からうるおいを与えなくても内側から保湿成分を分泌して乾燥を防いだり、ホコリや花粉などの外部刺激から肌を守る機能があります。

しかし本来のバリア機能が低下してしまうことでうるおいが蒸発しやすくなり、外部からの刺激にも弱くなってしまうんです。

どちらが先に症状として実感するのかが敏感肌と乾燥肌の違いだと言えるでしょう。

ということは同じタイミングで敏感肌と乾燥肌の症状が出ることもあります。そして肌のバリア機能を本来の状態に戻すことがとても重要なお手入れのポイントになってくるのです。

敏感肌の肌タイプの診断

自分の肌の状態をしっかりと把握しておくことは、正しいお手入れをする上でとても大切なことです。

肌の状態が安定していないのに、それほど気にしていないまま間違ったスキンケアを続けている場合もあります。

本当は乾燥肌なのに表面だけ化粧品で潤っているのでインナードライに気が付いていない可能性だって考えられます。インナードライとは実は乾燥している肌のことですが、乾燥を防ごうと肌が脂を出すので気づきにくいんです。

そこで簡単にできるスキンチェックを行ってみませんか?こちらのサイトのスキンチェックで肌の状態を確認してみましょう。

オルビスのスキンケアチェックをしてみる

いかがでしたか?スキンチェックの結果をもとに、あなたにあった正しいお手入れをしていきましょう。

乾燥肌と敏感肌についてのまとめ

敏感肌と乾燥肌はとても近い関係にあるので、どちらの症状が出た場合も正しいお手入れが必要です。スキンケア製品の選び方や正しいお手入れ方法など、見直してみるきっかけになるかも知れません。

乾燥肌や敏感肌の原因は季節を問わず一年中私たちの肌を狙っています。肌を守るのは自分自身のお手入れだと忘れないようにしていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事