うなぎのタレが余った場合の利用法!豚肉に鶏肉におにぎりも

うなぎのタレの利用法・活用法

土用の丑の日が過ぎるとなぜかうなぎのタレが余ってしまう…。

そんなことはありませんか?

もしあなたがうなぎのタレを持て余しているならぜひ参考にしてください。

豚肉でも鶏肉でも魚料理でもおにぎりでも、なんでも使えるうなぎのタレの活用法を紹介します。

スポンサードリンク

うなぎのたれが豚肉に合う

うなぎのタレの利用法・活用法
あっという間にできる豚肉のかば焼き丼はどうでしょうか?

うなぎのかば焼きのように豚肉でかば焼き風にしたら美味しいですよ!

  1. 豚肉を焼く。
  2. タレをつけてまた焼く。
  3. ご飯に乗せる。

あっという間に完成!

岡山に豚蒲焼専門店「かばくろ」というお店もあるくらいです。

合わないわけがない!

簡単だしおすすめですよ^^

お好みでキャベツの千切りを肉の下に敷いたり、温玉をのせても(^ρ^*)

帯広や十勝の豚丼とあまり変わらないかもですね(笑)

タレにしょうがをすって入れておけば生姜焼きになりますよ。

うなぎのたれは鶏肉にも活用できる

鶏肉なら一番簡単なのは照り焼きです。

鶏肉の表面を焼いてを焼いてタレを入れて弱火で煮詰めるだけなんで簡単です。

マヨネーズを足して照りマヨもいいですよね!

うなぎのタレは照り焼きのタレと考えればいろんなレシピが浮かびます。

焼き鳥のタレにも使えるので、買ってきた焼き鳥を温めなおすときにも使えますね♪

わたしは鶏つくねを作った時のタレとして活用することがあります。

生卵の黄身をからめると美味しいんですー^^

スポンサードリンク

うなぎのたれなら魚料理だってできる

うなぎのタレの活用といったら、さんまやいわしの蒲焼きは思いつきますよね。

でもウナギの蒲焼きを食べた日からそんなに経ってないなら違う料理のメニューがいいと思いませんか?

有名なのは照り焼きってことでぶり照りですかね?(笑)

もちろんぶりの照り焼きも美味しいし、いいと思います。

でもおすすめは煮つけです。

実はたれと水を同量ずつ合わせて魚と煮るだけで煮つけができちゃうんです。

ちょっとしょうがをいれても美味しいんです。

わたしは豆腐や長ネギを入れたりもします。

鯛やカレイなどの切り身がイイ感じになりますよ^^

これも簡単ですね~

うなぎのたれでおにぎりを作ると美味しい

白おにぎりの表面にタレを塗ってグリルで焼いたら美味しい焼きおにぎりが!

白ごはんにたれを混ぜて握るだけでも美味しいんですが、焼きおにぎりの方がわたしは好きですねー。

しょうゆの焦げた感じが香ばしいんです。

そしてたれにバターを混ぜるとバター醤油の味になってこれも美味しい!

濃い目の味が食べたいときにはバター入りもいいですよ。

まとめ

気になったメニューはありましたか?

うなぎのタレがあると簡単な料理メニューがたくさん作れちゃいます♪

土用の丑の日で、うなぎのタレが余ったならぜひ活用してくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す