新年の挨拶メール 上司・取引先・お客様などビジネス関係の文例

新年の挨拶をメールでするということに対していろんな意見もあるでしょう。ですが現代の様々な環境から年賀状よりも年賀メールの方が良い場合もあるのは確かなことです。

ビジネス関係で新年の挨拶のメールを出すときに、どのような文章にしたらよいのか悩みますよね。

そんなあなたに役立つ年賀メールの文例をまとめましたので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

新年の挨拶メール 上司など目上の方に

個人情報の問題であったり、会社から儀礼廃止通達などがあると上司に対して年賀状すら出しにくいですよね。そもそも住所すら知ることができない場合もあります。

年賀状は出せないという環境でも、メールなら気軽に前年の感謝と新年の挨拶を簡単に伝えることができます。

年賀メールの文例 上司へ

件名の例

件名には賀詞がおすすめです。

  • 謹賀新年
  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます

本文の例文1

○○部長
謹んで新年のお慶びを申し上げます
旧年中は大変お世話になり感謝しております。
精いっぱい頑張りますので今年もご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。
○○部長にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。
(署名)

本文の例文2

○○様
謹んで初春のお慶びを申し上げます
旧年中は何かとお心遣いをいただき誠にありがとうございました。
昨年の経験を生かしご期待に応えるべく精進する所存です。
本年も何卒よろしくお願い致します。
○○様のご健勝をお祈り申し上げます。
(署名)

本文の例文3

謹賀新年
昨年は大変お世話になりました。
異動の当初は不安もありましたが尊敬できる先輩に巡りあえました。
今では運が良かったと思っています。
二年目の今年は積極的な行動を目標に精進していきます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
(署名)

スポンサードリンク

新年 挨拶メール 取引先など社外宛てに

大切な取引先などは本来直接挨拶に向かうのがマナーとされていますが、インターネットの普及により遠方とも取引をしますよね。

年賀ハガキを送るのが丁寧かもしれませんが、日ごろから電話よりもメールで業務のやり取りをしている相手ならば年賀メールでも失礼にはなりません。

相手によってメールにするかしないかは状況によって判断しましょう。

年賀メールの取引先への文例

件名は内容はもちろんですが、社外の相手に対しては差出人もすぐにわかるようにしておくと親切です。

件名の例

  • 新年の御挨拶(○○株式会社 ○○より)
  • 年頭のご挨拶(○○株式会社 営業部○○より)

本文の文例1

株式会社○○ ○○事業部部長
□□様
年頭のご挨拶を申し上げます
昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がけてまいります。
昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。
新年は○月○日から平常営業とさせて頂きます。
(署名)

本文の文例2

○○株式会社 営業部 ○○様
あけましておめでとうございます
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年も一層のご支援を賜りますよう従業員一同心よりお願い申し上げます。
なお弊社は1月4日より通常営業いたします。
またお目にかかれますことを楽しみにしております。
(署名)

新年の挨拶メール お客様に対して

お客様に対しての年賀メールはさらりと挨拶をするイメージで大丈夫です。
紹介したい商品やサービス

年賀メール お客様への文例

件名の例

  • 新年のご挨拶を申し上げます ○○株式会社○○より
  • 明けましておめでとうございます 【○○株式会社】

本文の文例1

○○様
謹んで初春のお慶びを申し上げます
○○株式会社の○○でございます。
旧年中はひとかたならぬご愛顧をいただき誠にありがとうございました。
本年もサービス向上を目指し、誠心誠意努める覚悟でございます。
昨年同様のお引き立てをよろしくお願い致します。
尚、弊社は1月○日より通常営業いたしております。
またお目にかかれますことを楽しみにいたしております。
メールにて恐縮ですが本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(署名)

本文の文例2

○○様
謹んで新年のお慶びを申し上げます
旧年中は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。
本年も更なる努力をしてまいります。
昨年同様のご厚情を賜わりますようお願い申し上げます。
尚、新年は1月○日から平常どおり営業させていただきます。
お会いできるのを楽しみにしています。
メールにて失礼とは存じますが本年もよろしくお願いします。
(署名)

最後に

年賀状のマナーとしては句読点を使いません。ですがメールの場合は読みにくくなることを考えて、あえて使っても良いのではないでしょうか。

ただ「謹賀新年」などの賀詞には句読点を使わない方が良いでしょう。

文例をぜひ参考になさってくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事