七夕の笹の葉が売ってる場所は?いつからいつまで飾る?終わったら?

七夕の笹はどこで買う

家で七夕の行事をしようと思っても、そもそも笹の葉はどこで手に入れるものなのかなって悩みませんでしたか?

考えてみると七夕の飾りっていつから飾る物なのかいつ片づけるものなのかも意外にわからないですよね?

七夕の笹はどこで購入するのか、いつからいつまで飾るのか、さらに終わった後はどうすればいいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

七夕の笹の葉が売ってる場所は?

七夕の笹はどこで買う
七夕の笹の葉はどこで売ってるのでしょうか?

6月末になるとお花屋さんで売っていたので良く買いに行きました。

なので花屋に七夕の笹は売っているものだと思ってたんですが、最近は家庭で七夕の笹を飾る習慣が少なくなったので仕入れてない花屋も多いんですって。

花屋のどこでも置いてるというわけではないということですね。

現在は七夕の笹の販売はホームセンターやネット通販が主になっています。

近くに竹林があれば竹をお願いして分けてもらうのもいいですよね。

スーパーや100均で小さ目の造花を買って毎年7月ののインテリアとして、という楽しみ方もあります。

七夕セットというものもあるのでチェックしてみてくださいね。

七夕の笹を通販で探すならこちらをチェック

七夕の笹はいつからいつまで飾る?

七夕の笹を飾るのはいつからいつまでなのかというと、実ははっきりとは決まっていません。

七月七日の夕方に飾っておく、ということは決まっているので前日に飾るというのが一般的になっています。

夏至が過ぎたら飾っても良いとも言いますが、あまり早くから飾ると笹がもたないので長くても1週間以内ではないでしょうか。

つまり7月に入ってからということですね。

ただ造花の笹を使う場合は長めに飾ってもいいですよね。

スポンサードリンク

いつから飾るかというのはあまり考えなくて良いですよ^^

長く飾りたいかキレイな時期だけ飾りたいか、あなたが思った通りに飾って大丈夫なんです。

ではいつまで飾る物なのでしょうか。

これは7月7日まで、ですね。

七夕の行事というのは7月7日の一日限りだからです。

次の日には片付けましょう。

七夕の笹 終わったら後始末はどうすればいい?

七夕が終わった後に残るのが笹と短冊。

せっかくこどもが願い事を書いた短冊をごみとして捨てるのは少し気が引けますよね。

地域によって海や川に流すか焼く場合が多いですが、土に埋めたり山に捨てることもあるそうです。

笹と短冊をいっしょに焼いたら願いが叶うといわれていますよね。

神社などでお焚き上げしてくれることも多いので近所でお願いするのが精神的にも良いかなと思います。

またゴミとして捨てるという場合は、塩で清めてからだしましょう。

まとめ

 笹を入手できる場所

  • 花屋(置いてあるとは限らないので確認が必要)
  • ホームセンター
  • インターネット
  • 竹林
  • 100均(造花)

 飾るのは最も早くても夏至が過ぎてから。

 7月8日には片づけること。笹と短冊はできれば焼いて処分し、願いが叶うように祈る。

参考になりましたか?

お互い楽しい七夕を過ごしましょうね。^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す