年賀状の一言文例 上司・親戚・先生など目上の方への添え書き

今は年賀状の本文は印刷がほとんどですが、だからこそ心理的に一言添えなくては…と思います。

でもいざ書こうと思うと文章に悩んでしまって何を書いてよいのかわからない時があります。

とくに目上の方に向けて書く時は失礼のないような添え書きにしたいですよね。

どんな添え書きが適しているのか例文を参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

年賀状の一言文例 上司や取引先などビジネス関係

ビジネスとして出す年賀状は人間関係を保つためにも大変重要です。

文面も決まりきったものではなくて文章の中に自分の感謝や気持ちの入ったものが好感度が絶対高いでしょう。

もちろん敬語の使い方には十分配慮する必要があります。

感謝の一言メッセージを書く

これは基本ですよね。お世話になった感謝の気持ちを書きます。

「旧年中はいろいろお世話になり有り難うございました。本年もよろしくお願い申し上げます」

「日頃の親身なご指導に深く感謝申し上げます」

今年の目標を一言添える

形式的な文章の中に自分の思いを書き加えると心に残ります。

「昨年の経験を活かし今年はご期待に応えるべく精進する所存です」

「今年は○○社の契約が取れるように努力いたします」

年賀状の一言添え書きで健康や幸福を祈る

これは必ず必要な文面です。年賀状本来の意味からしても重要です。

「ますますのご健康をお祈り申し上げます」

「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」

年賀状の一言文例 親戚のおじさんおばさんなどに

実は親戚にあててかく文面も悩むことが多いですよね。

親戚の付き合いの度合いもあるしめったに会わない親戚だと言葉が思い浮かばず他人行儀な文章になってしうことも多いです。

近況を報告する文章を入れるのもいいですね。

スポンサードリンク

年賀状にご無沙汰の一言を

「平素のご無沙汰をお詫び申し上げます。皆様にとって幸多き一年となりますよう心からお祈りいたします」

少しくだけた言い方

「すっかりご無沙汰しています。早いもので長男も今年小学校にあがります」

付き合いが多い親戚

付き合いが多い親戚にはざっくばらんな文章でもよいですが年賀状なのであらたまって挨拶しましょう。

「旧年中は大変お世話になりました。おかげさまで無事に正月を迎えることができました。いつも温かくも守って下さりありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします」

親戚ですので「お近くに来られたらぜひ遊びにきて下さい」と心遣いを見せる文章も入れておきましょう。

年賀状の一言文例 先生やお世話になっている方へ

先生やお世話になっている目上の方には日頃の感謝を込めて年賀状を送るのですから気を遣います。失礼にならないように定番の文章なら安心でしょう。

「先生におかれましてはよき新年をお迎えのこと心よりお慶び申し上げます。本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。寒さに向かう折ですのでお風邪など召しませぬようどうぞくれぐれもご自愛下さい」

「謹んで新年のお祝辞を申し上げます。ご自愛の上より一層のご活躍をお祈りいたします」

かなり改まった文章ですが失礼にならないようにするにはきちんとした敬語を使う方がいいですね。

まとめ

印刷だけの年賀状が届くと実はあまり見ないでスルーしてることが多いのですが言葉が添えられていると心が感じられてうれしいものです。

もちろん目上の方にはそれなりの敬語や形式を考える必要もありますが相手のことを思って書いている気持ちは十分伝わると思います。

今年は億劫だと思わずに自分の思いを届けてみて下さいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事