敏感肌のクレンジングの種類の選び方 メイク落としのおすすめは?

敏感肌のクレンジングの種類の選び方

スキンケアの基本として、クレンジングでメイクや汚れをのこさないようにしっかり落とすのは基本ですよね。

ただしクレンジング剤の選び方や方法を間違えると、逆に肌にダメージを与えることにもなってしまうかも。

敏感肌の人はとくにクレンジングと洗顔には注意が必要です。

クレンジングにはオイルタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプ、ローションタイプ、リキッドタイプがあります。

いったい敏感肌のアナタにはどのクレンジングが合っているのでしょうか。それぞれのタイプのクレンジングと敏感肌への影響について調べてみることにしました。

スポンサードリンク

敏感肌のクレンジングの種類の選び方

肌質によって最適なクレンジングを選ぶのにはどんなポイントに注意するべきなのか。

それぞれの特長を知って、メリットとデメリットを比較してみましょう。

敏感肌にクレンジングミルクはどう?

ミルクタイプのクレンジングは、メイクを落とす時の肌への摩擦が和らげられるので敏感肌には適しています。ただ、少しメイクを落とす力が弱いことがミルククレンジングの弱点です。

そのため、ミルククレンジングをした後に洗顔料を使うダブルクレンジングが必要になるため、いくら摩擦を抑えることができたとしても敏感肌にはダメージもゼロというわけにはいきません。

敏感肌の人が選ぶミルククレンジングは、洗浄力の点を確認することがポイントです。

わたしはW洗顔なしで年齢肌にも対応しているクレンジングがお気に入りです。

>>>美容クリーム生まれのラミナーゼモイストクレンジングバーム

敏感肌にクレンジングクリームはどう?

クレンジングクリームはコールドクリームとも呼ばれるもので、メイクをしっかりと落とす力が強いのが特徴です。油性のフルメイクを落とすのには優れていますが、肌へのダメージという点では敏感肌には少々負担が大きいものです。

クレンジングクリームはメイクと馴染ませたらティッシュペーパーなどでふき取ってから別に洗顔料で洗顔するタイプが多いのです。拭き取ること、そしてダブル洗顔をすることが、敏感肌の原因になる「肌のバリア機能」を奪ってしまう可能性があるのです。

敏感肌にクレンジングオイルはどう?

クレンジングオイルは一般的には使用している人が最も多いと思います。コスメのクチコミサイトなどを見ても、オイルタイプのクレンジングの人気は安定しています。

ただ、オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強すぎて、肌のうるおいやバリア機能まで奪ってしまうのではないかとも言われています。これはオイル成分によって違うので、すべてのクレンジングオイルが肌にダメージが強いわけではありませんが、敏感肌の人は気になる点です。

オイルタイプのクレンジングを選ぶポイントは石油系界面活性剤を使用していないものを探すようにすることです。その点に注意すれば強すぎる洗浄力で肌のバリア機能の低下を防ぐこともできます。

敏感肌にクレンジングジェルやリキッドはどう?

ジェルタイプやリキッドタイプのクレンジングは、オイルを使用していないので敏感肌のにはダメージが少ないことで人気が上がっています。

ただし、オイルを使用していない代わりに、ジェルやリキッドにオイルに代わる強い洗浄成分を使用していればダメージはオイルクレンジング以上に危険です。

オイルを使用していない、そして強すぎる洗浄成分を使用していないタイプのクレンジングジェルやリキッドは、メイク落ちが弱いことも欠点となります。

敏感肌にクレンジングウォーターや水クレンジングはどう?

クレンジングウォーターとか水クレンジングと呼ばれているローションタイプのクレンジングは、さっぱりと使用できることやオイル成分で肌にダメージを与えないのはメリットとも言えます。

しかしジェルやリキッドと同様にオイルの代わりに強い洗浄成分を使用している場合は逆効果になるかも。ミルクやジェルのようにメイクを落とす時の肌の摩擦を軽減できないので、その点でも敏感肌にはあまり向いていないと思います。

敏感肌 クレンジング オリーブオイルやホホバオイルはどう?

オリーブオイルやホホバオイルなどをクレンジングの代用にするのは、石油系界面活性剤を避けたい敏感肌には適している点も多くあります。

ただしメイク落とし用に精製されたオイルではないものを使用する場合は、メイクとのなじみが悪くなることもあります。メイクを落とした後のヌルつきを落とすために、結局はダブル洗顔をしなければいけなくなることも。

自然な植物のオイルなので、肌にやさしいというメリットはあったとしても、メイク落としとして適しているかどうかはオイルの種類にもよるのではないでしょうか。

クレンジングシートって敏感肌に使える?

クレンジングシートは、シートにローションタイプのクレンジング剤を含ませているものです。メイクを落とす方法は、シートを使って肌を擦るので、敏感肌には向いていません。

摩擦刺激も強く、さらにメイク落ちも弱いので、肌に汚れが残ってしまうリスクもあるんです。敏感肌の人は外出先や旅行時など、特別な時以外にはシートタイプのクレンジングは使用しない方が良いでしょう。

最後に

敏感肌の人がクレンジングを選ぶ時は、自分の肌を観察しながら使ってみることが何よりの正解を引き出すことになります。

できることなら敏感肌の人はクレンジングを使用しなくても落とせるメイクをすることも考えてみましょう。強い洗浄成分を含んでいるクレンジングを使わないと落とせないものは、それだけ肌への負担も大きくなります。

敏感肌の悩みを悪化させないためには、メイクをする段階から見直してみることも大切なのではないでしょうか。

おすすめ記事