梅雨の沖縄旅行でも楽しめる?泳げる?紫外線対策は必要?

梅雨の沖縄旅行

せっかくの沖縄旅行だけど梅雨時期にまるかぶり!でも沖縄の雨の降り方は東京の降り方と種類が違うって聞くけどどうなの?

雨が降っても楽しめるか、海に入っても大丈夫か、紫外線対策は必要か、などを説明しています。

スポンサードリンク

梅雨の沖縄旅行の楽しみ方!おすすめ観光スポットは?

 

沖縄の梅雨は大体ゴールデンウィークが終わったぐらいから6月20日を過ぎるまで、と言われています。

その時期の旅行が安いので、相当雨が多いのかといったら2月の方が雨が降るんですって。つまりそこまで心配する必要はないとも言えます。でも梅雨ときくと雨がずっと降るイメージしかないし、旅行には向いてないかもと思っちゃいますよね。

実は沖縄の雨というのは1日中降り続ける雨ではなくてスコールのように一気に降ってすぐにあがったりします。降っていたかと思うとカッと太陽が照りつけます(笑)

沖縄は梅雨でなくても雨は多いですので天気は運だと思って、あまり気にしすぎないようにしましょう。

旅行は雨バージョンと晴バージョンの計画を立てておくのもいいかも^^

マリンスポーツよりも観光のほうが雨はやっかいですからね。

沖縄の雨での観光スポット

雨でも気にならない観光スポットは建物の中で楽しめるところですね。

  • 美ら海水族館
  • 沖縄ワールド
  • 首里城

などが有名ですが外観の写真を撮るのは暗い感じになるかもしれません。

美ら海水族館は北の方まで行くことになるので雨の中の運転は注意してくださいね。

沖縄ワールドは施設から施設に移動するときにも傘がいりますが、鍾乳洞など(行ったことないと余計に)が楽しめます。

首里城は無料ガイドのお姉さんに説明してもらうと「なるほど~」と思うことがいろいろ聞けておもしろいです。

あとは観光ではないけどアウトレットで買い物したり、ホテルのアクティビティを楽しんだりもいいですね。

沖縄は梅雨でも泳げる?ダイビングやシュノーケリングは?

「この時期に泳ぐのは観光客だけだよ」って沖縄在住の人に言われるけど、気にしない。だって観光客だもん。海で遊んだりダイビングやシュノーケリングしたいし。

もちろん雨が降る可能性は高いし、全体的に曇りの日が多くなるのはわかってます。でも曇ってるくらいなら海はまあまあ綺麗だし日中なら十分に楽しめます^^

沖縄は梅雨が明けたら台風シーズンに入るので、結局いつ旅行を予定していても運の問題だと思うんですよね。

沖縄本島でダイビングするなら台風で中止になることも年に数回しかないとききます。台風が接近していて海が荒れやすい場所だとしても、別の場所に変更してダイビングできることが多いです。

台風の時期でそれなんだから梅雨時期なら特に問題ないです。心配せずダイビングを楽しみましょう!ただ雨が降ると寒いですけどね。

シュノーケリングも雨で中止になることは少ないようです。どうせ濡れますしね(笑)ただ海がにごるとシュノーケルは見づらくはなりますね。

スポンサードリンク

雨を気にするかもしれませんが、旅行中に晴れる日があるかもしれないですし、天気は自分たちのチカラではどうすることもできないから、その時その時で楽しむのが一番だと思います。

梅雨開けをねらって行ったとしても、台風シーズンに突入ですしぶち当たってしまったらそれこそホテルにこもるしかないですよ。

去年、友人が夏に1週間休暇をとって沖縄に行く予定を立てていたんですけど、台風で飛行機が飛ばずマルっとキャンセルになりました。

「1週間ヒマになっちゃったよー(;´Д`)せっかく休み取ったのに…。」

かわいそうだったので夜中まで一緒にお酒につきあいました(笑)

そんな経験するよりは梅雨の時期に安く沖縄に行けるのはラッキ~と思いましょう^^(比べることじゃないっ?!)

沖縄の紫外線は梅雨でもやっぱり対策するべき?

沖縄は曇っていても日焼けします。日焼け止めは必須!です。

沖縄の3~4月の紫外線が北海道の真夏の紫外線と同じくらいなんです。梅雨時期の5~6月の沖縄はさらに紫外線が高まっています。

気温はそこまで高くはないと思うけど、日焼け止めをきちんとぬって、帽子や日傘、サングラスは準備してた方がいいかも。

沖縄の梅雨は東京のような長く降る雨ではないので、真夏のような太陽が顔を出すこともあります。降ったりやんだり晴れたりと天気は変わりやすいので紫外線対策はしておきましょうね。

梅雨の沖縄の楽しみ方のまとめ

せっかくの沖縄旅行ですし、梅雨だからと行きたいところややりたいことはあきらめずチャレンジしてみましょうね!

ちなみに晴雨兼用傘があれば雨でも晴れでも怖くないです^^良い思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す