花火の写真撮影のコツとスマホのカメラ設定!アプリで無料は?

スマホの花火写真のコツ

花火大会に行くなら、スマホに写真をおさめたいと思いませんか?

でも撮ってみると意外に難しいかったりしますよね。

でも残念な写真しか撮れなかったわたしが、それなりに満足のいく写真を撮れるようになりました。

今日はスマホで花火を撮るコツや設定の方法を紹介しますね。

スポンサードリンク

花火の写真のコツ!スマホで撮る方法

花火の写真のコツとしては、まず花火が始まったら早めに写真を撮っておきましょう。なぜなら煙が少ないうちに撮ったほうがキレイに撮れるからです。でも後半の方が花火は盛り上がるんでそのときは煙を意識して撮影してくださいね。

実はスマホで写真を撮るときはズーム機能を使わないことが大切なんです。

なぜかというと、スマホはデジカメと違ってデジタルズームなので、ズームにすることで画質が悪くなってしまうんです。ちょっと遠いかな?と思ってもとりあえずそのまま撮りましょう。

大きい花火や近い花火の写真が欲しい場合は撮影した後にトリミングをすると良いですよ^^わたしは何も知らずに花火をズームで撮りまくって、その写真の完成度の低さゆえに全部削除したことがあります(笑)

次の撮影のコツはぶれないようにすること。キチンとスマホを固定して撮りましょう。

これも撮影するときに息を止める人がいますが、むしろ息を吐きながら撮影した方が手ぶれしにくいんだとか。わたしもいつも息を止めて撮ってましたが、画面のシャッターボタンを押すときに思ったより力が入ってちょっと動いてしまったりがありましたね。

わたしが良かれと思ってやったことは良くないことばかりだったようです(笑)

わたしのように息を止めてた人は息を吐きながら撮ってみてくださいね。

ちなみにiphoneの場合は音量ボタンの「+」がシャッター代わりになるので、デジカメのように構えて撮影することができます。

イヤホンの「+」でも有効なのでiPhoneをどこかに固定してイヤホンでシャッターをきるのも良い方法ですね。

スポンサードリンク

カメラ設定は?花火を撮るために

カメラの設定を確認するのも花火をキレイに取るために必要なことです。

まず、フラッシュは届かないから無意味だしバッテリーがすぐなくなるのでオフにしておきましょう。

そして夜景モードにすると花火をはっきりと撮影することができます。

もしHDRモードがオンの設定になっていたらオフにしておきましょう。HDRモードとは写真をキレイに撮るためのもので最近のスマホには入っています。ただこれは花火には向いてないのできちんと確認しておきましょう。

ISO感度設定ができるスマホなら100など低い感度にしましょう。低い方が花火の画質はあれません。

iPhone5より新しい機種を使用しているなら

iPhone5 以上を使用している人はフラッシュなしでも明るく写真を撮ることができるAE/AF Lockモードを使いましょう。自動の露出と焦点の設定をしてくれます。

カメラを開いて画面の暗い部分を場所を長押しすると、「AE/AF Lock」という文字が出てロックされます。そうするとフラッシュは使わずに明るめに写真が撮れます。

逆に明るい部分を長押しすると暗めに写真が撮れますよ。

花火撮影のアプリは無料であるの?

花火撮影用というか、夜景がキレイに撮れるアプリはありますが、無料だと広告などが頻繁に出るのでたまにシャッターチャンスを逃すこともあります。

花火大会でいきなり使うのではなく、あらかじめアプリを使ってみて、あなたがよさそうだと思ったら花火のときに使うといいと思います。

わたしが「これ結構きれいに撮れたな」っていうアプリはandroid&iphoneアプリの「夜撮カメラ」です。長時間露光機能の付いた無料のカメラアプリです。

夜景を撮るのに無料の割に優秀なアプリだと思いますが、ここまでの機能を必要とする人ならスマホの写真ではなくて、そもそもカメラで撮影するかと思います^^;

わたしは結局スマホで使うのは標準カメラなんですが、花火を撮るコツや設定を試してみたら、かなりキレイに撮れるようになりました!もともと何も考えずにズームで撮っちゃうようなショボイ感じだったから当たり前かもしれませんが(笑)

他にも夜景用のアプリはあるので、気になったならいろいろ試してみてくださいね。

花火の写真撮影のコツとスマホのカメラ設定のまとめ

参考になりましたか?

まずは試してみてくださいね^^

実際に花火の写真を撮ってみてどうにも上手に撮れないというときは動画に切り替えましょう。

動画として残してもいいですし、その中からキャプチャーすれば写真としても楽しめますよ^^

スポンサードリンク

おすすめ記事

コメントを残す