花粉症と風邪の違いは?同時にかかることもある?併発なら何科に行く?

花粉症と風邪の違いとは

花粉症の時期に風邪っぽい症状…。

花粉症なのか風邪なのかわからないですよね。

どっちなのか違いや見分け方ってあるのでしょうか?

もしかして併発してることもあるかもしれませんよね。

自分でわからない場合は病院は何科に行けばいいのでしょうか?

花粉症なのか風邪なのかよくわからないというあなたのために、見分け方などをまとめましたので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

花粉症と風邪の違いを症状別に見分ける

花粉症と風邪の症状は、アレルギー反応なのかウィルスなのかという原因の違いがありますが、似た症状も沢山あります。

最も違いがわかりやすいのは花粉症の特徴である鼻水が水っぽいか、目のかゆみがあるか、ということです。ただ風邪の初期に鼻水がサラサラなこともありますし、様々な症状から見分けていくのが良いでしょう。

 

花粉症と風邪の見分け方 症状別

鼻水の違い

花粉症の場合はサラサラした鼻水が垂れてきます。垂れるというより流れるほどで、それはもう生活に影響を及ぼすほどです。

風邪の場合は始めはサラサラした鼻水が出ることもありますが、ネバネバしていたり膿のような黄色い鼻水が出るものです。

つまり粘性のある鼻水の場合は風邪といえるでしょう。

くしゃみでの見分け方

花粉症だとくしゃみ連発です…。多発する上に連続するのがやっかいなんですよね。

風邪だと連続することがあっても止まらないなんてことはないです。

咳や痰、喉の痛みや違和感

花粉症は喉がかゆくなるけど痛くならない、なんて既に一昔前の話。現在は花粉症が原因で喉が痛くなる人もたくさんいます。

鼻が詰まってのどに鼻水が流れていくと喉が荒れ、咳や痰などの原因にもなります。口呼吸になって喉が乾燥しますし、のどの粘膜に花粉がつくとアレルギー反応が出ることもあります。

せきが止まらない、せきこんで息苦しくなるといった症状があるなら、喉頭アレルギーや花粉症から気管支ぜんそくを起こしている可能性もあります。

このように風邪と同じような症状が出ることがあるので、花粉症か風邪かを見分けるためには他の症状を確認した方が良いでしょう。

頭痛

花粉症でも頭痛になることがあります。これは鼻が詰まることで取りこむ酸素量が足りなくなるのが原因のひとつといわれています。そして花粉症で安眠できず睡眠不足になることで頭痛になったり、首の筋肉が凝ることで頭痛が出ることもあります。

目の症状

目にかゆみなどの症状が出る場合は花粉症と思って良いでしょう。風邪の場合もまれに涙目になりますが長く続くものではありません。

発熱があるか

風邪の時は37.5℃以上の高熱が出ることが多いですが、花粉症はほとんど熱が出ません。出ても37.5℃未満の微熱程度ですね。

症状がでる期間

2週間以上症状が続いているなら花粉症を疑いましょう。ほおっておくと花粉シーズンが終わるまでツライ思いをすることになるかもしれません。

10日程度で治まるのであれば風邪だった可能性が高いですね。

動悸、だるさ・倦怠感、関節の痛み、下痢や嘔吐、悪寒など

これらは風邪の症状と思われがちですがアレルギー反応として表れるときがあります。花粉症に限らずアレルギーの共通症状なのです。

ひどくなると外出するのもキツくなってしまうので、花粉をできるだけ吸わないように気を付けましょう。

ほかにアレルギーがある方は強く症状が出る可能性があるので特に注意しましょう。

花粉症と風邪の見分け方 比較表

  花粉症の症状 風邪の症状
鼻水 サラサラした鼻水が垂れてくる サラサラしたものからネバネバに変化 黄色かったりする
鼻づまり 両方の鼻が詰まることも 両方詰まることはあまりない
くしゃみ 多発する上に連続する 連続することがあっても1日に数えられる程度
痛みやかゆみ 痛みがあっても長引かない
咳が長引く 咳が出ても長引かない
頭痛 あり あり
赤くなる・かゆくなる・涙が出る ほぼ症状は出ない
37.5℃未満 出ても微熱程度 37.5℃以上
期間 2週間以上症状が続く 10日程度で治まる
天気 雨の日に軽減する 天候は関係ない

スポンサードリンク

花粉症か風邪か併発してるのかわからないときは何科を受診?

花粉症シーズンは風邪やインフルエンザが多いシーズンです。そのため花粉症と風邪が紛らわしいことがあります。

花粉症と風邪というのは同時にかかってしまうことがあります。まれにインフルエンザと花粉症との合併例もあります。ですが風邪と思っていたら花粉症だったということもあります。

花粉症の季節は空気が乾燥しやすいので、それだけで鼻や目、のど、皮膚が乾きやすくなっています。ほこりや雑菌もつきやすく、排除されにくいのです。

つまり自分では花粉症の症状なのか、風邪なのか、併発しているのか、判断しにくいということですね。おかしいなと思ったら、一度、医療機関を受診してみてください。

さて耳鼻咽喉科を受診すればよいのか内科を受診すればよいのか悩む所だと思います。

耳鼻咽喉科はその名の通り耳や鼻・咽喉に特化しています。風邪の時に耳鼻咽喉科を受診する人も多いですよね。

また内科はアレルギー科などがあるようにアレルギーに関する全般の治療を行っているので、咳がひどく喘息が心配なら内科が良いかもしれません。

つまり耳鼻咽喉科でも内科でもどちらでも大丈夫という事になります。ただネブライザーや鼻の処置などは内科では行っていない場合もあるので、専門的な設備を持つ耳鼻咽喉科がよいと言えるでしょう。

花粉症と風邪の薬の併用

すぐには病院に行けない、だからそれまでは市販薬で乗り切ろうと思っている場合。花粉症の薬と風邪の薬を両方飲んでしまうと副作用が出る可能性が高くなります。

花粉症の薬も風邪薬も抗ヒスタミンが入っているものが多いので、気づかずに同じ成分を2倍量摂取しているという危険があります。

もし市販薬を飲むなら購入時にできれば薬剤師さんに相談しましょう。

相談できない場合は鼻風邪用の風邪薬だけにするのがおすすめです。鼻かぜ用の風邪薬は鼻水を止める働きがあります。

まとめ

花粉症か風邪か、それとも併発しているのかは判断しにくいということがわかりましたよね。

迷うようなときには耳鼻咽喉科で診察してもらいましょう。

そして市販薬を飲む場合は鼻かぜ用の風邪薬にして、二重に薬を飲まないようにしましょうね。

スポンサードリンク

おすすめ記事