恵方巻きはどこで買う?海苔巻き以外でもいい?丸かぶりしなきゃダメ?

恵方巻どこで買う

現在、節分には欠かせないものとなっている恵方巻き

「丸かぶり」が定番ですが最近では巻き寿司以外のの恵方巻きも登場しています。

実際のところ太巻きの丸かぶりは中々難しいような気がします。

今回は恵方巻きの謎について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

恵方巻きはどこで買う?

恵方巻きというとやっぱり巻き寿司の「太巻き」ですよね。

今は節分の行事に便乗してどこでも恵方巻きを買うことができます。スーパーの惣菜コーナーにはずらっと巻き寿司コーナーが設置されていますよね。

主婦であれば節分の日は恵方巻きといわしという風にメニューが決まるのでこんなに嬉しいことはありません。

コンビニでももちろん販売していますよ!鮮度を求めるのであればお寿司屋さんに予約するのもいいですね。スシローやくら寿司などの回転寿司でも対応してくれますよ。

中身はお店によって違いますが基本的には七福神にちなんで「かんぴょう」「きゅうり」「シイタケ」「伊達巻」「でんぶ」などの七種類を入れるとされています。海鮮巻きだと「マグロ」や「サーモン」など何でもいいですよ!

スポンサードリンク

恵方巻きは海苔巻き以外でもいい?ロールケーキは?

最近は恵方巻きに便乗して甘いスゥィーツのロールケーキが節分に登場していますよね。ロールケーキでも良いのか気になるところですよね。

元々が商業戦略的なものなのですから何でも良いのではないかという意見が圧倒的ですが、中には恵方巻きの海苔は祈祷してもらったものでないとご利益がないとされているのでロールケーキでは意味がないという意見もあります。

でもすごいですね!恵方巻きをロールケーキに見立てるなんて!こちらもコンビニからの発案です。「丸かぶり」の言葉もコンビニ発信ですよ。クリスマスのケーキと同じ感覚で節分にはロールケーキを食べるぐらいの感覚で良いですね。

恵方巻きは丸かぶりしなきゃダメ?

そもそも「恵方巻き」「丸かぶり」は元々昔からあった訳ではないようです。関西方面では太巻きを食べる習慣はありましたが、それが広がり最近よく知られるようになったのは関連業界の販売促進活動によるもののようですね。

その年の恵方に向かって願いごとを思い浮かべながら丸かぶりをすると良いということですが太巻きをかぶるなんて、特に子どもにはしづらいので筆者宅では細巻きを作ってかぶっていましたよ!巻き寿司は普通に切って食べていました。実際どのご家庭でもそこまでのしばりはないようで手巻き寿司をかぶるなんて家庭もありました。

もちろん「恵方」などの縁起担ぎは今の時代でも大切に思う人も多いと思うのでできれば丸かぶりできれば自分の気持ち的にはそれに越したことはないですね。行事を楽しむという意味あいもあるでしょう。ちなみに願いごとは無言で心に秘めておかなければいけないそうです。今年は何をお願いしましょうか?(笑)

まとめ

節分の行事と言えば豆まきを思い浮かべる人が多いと思いますが、恵方巻きも今では定番です。

行事感覚が薄くなっている現在なので例え企業の戦略だとしても興味がもてるきっかけとなることはいいことです!

もちろん行事の由来などを知ることも大事なことですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事