紫外線対策のサングラスの選び方は?色は?100均でもいい?

紫外線対策のサングラスの選び方

紫外線を防ぐためのサングラスって一体何を基準に選んだらいいのか、悩むところですよね。

色はついてるほうがいいのか、透明の方がいいのかも気になります。

100均に売っているものでも効果はあるのでしょうか?

今回は紫外線対策用のサングラスの選び方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

紫外線対策のサングラスの選び方は?

紫外線を防ぐためにはどんなサングラスを選んだらいいのでしょうか?

最も大切なポイントは紫外線透過率が1%未満であることです。つまり紫外線カット率が99%以上ということですね。これが明記していないものはまず紫外線対策にはなりません。

では紫外線透過率だけ見ればいいかというとそうではありません。

注意しなければいけないのは、UVケアのレンズにはUVBはカットされてもUVAはカットされていないものがあるということです。

選ぶときに大切なのはUVAもカットするということです。

紫外線にはUVA・UVB・UVCがありますが地上に届くのはUVA・UVBの二種類です。白内障や皮膚がんのもとになるのがUVA、角膜炎や皮膚の水ぶくれなどはUVBの影響とされています。

つまりUVカットとされていてもUVAがカットされていなければ意味がないのです。

現在日本の規格では「UV400」というUVAもカットするレンズの基準があります。

紫外線対策をしたい場合はUVAカットもしくはUV400のものを選んでくださいね。

UV400のレンズは有害な紫外線を99%カットすることができます。

デザインのみで選んで実は紫外線をカットしてなかった、なんてことがないようにしましょう。

紫外線対策のサングラスの色は透明がいいってホント?

紫外線をカットするレンズという意味で色があるないは実は関係ありませんが、紫外線対策のことだけを考えるならレンズの色は薄いほうがいいのです。

なぜならサングラスは黒いほうが瞳孔が開くので、その分横などからの紫外線が入りやすいからです。

この理由で透明のレンズをおススメする人がいます。

スポンサードリンク

おススメする理由はもちろんわかるんですが、サングラスってそもそもまぶしくて付けることが多いですよね?車の運転時や道路の照り返し、海や雪山などのレジャーにおいてもまぶしくて使う人が多いでしょう。

それを考えると透明のレンズを使うことによってまぶしさで網膜を痛め視力低下などにつながるよりは、多少色の入っているレンズの方が安心といえます。紫外線のみにこだわらないようにしましょう。

偏光レンズを使うのもいいですが、そこは見え方の好みと値段、使用頻度のバランスですね。

紫外線の強い時期のみに使う、というのであれば茶色など色のついたサングラスをおススメします。

100均のサングラスでも紫外線対策はできるの?

100均のサングラスでも紫外線対策はできるのかというと、多分できないでしょうね。

たぶんというのは、わたしが100均でUV400のサングラスを見たことがないからです。

スタッフもUV400を知らなかったので置いてないのだと思います。ただこれは田舎の方の話なので都会にはもしかしたらあるのかもしれませんね。

置いてありました!

100均でもUVA400がありましたよ(´▽`*)

デザインは正直微妙なものばかりでしたが、10種類くらいかな、ありましたね。大型店舗ならもっとあるかもしれないですねー。

人が見てないところで使うからデザインは気にしないし安い方がいい、という方にはおすすめです。

まとめ

紫外線をきちんと対策するにはUVAをもカットするUV400のサングラスがいいでしょう。

色は付いてるものの方がおすすめです。

100均でも探してみるのもいいかもしれませんが私は見つけたことはありません

デザインを気にしないなら100均をチェックしてみましょう。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事